« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月29日 (金)

変貌を遂げる新横浜駅周辺(交通対策を万全に)

 昭和39年、東海道新幹線新横浜駅に乗り降りする乗客はまばらで、駅前には田畑が広がる何もない新幹線駅前でした。その当時、各駅停車の「こだま」しか停車せず、閑散とした駅であったことを思い出します。現在、新幹線だけで一日約5万人、横浜線や横浜市営地下鉄を加えると約21万人が利用する、新幹線でも主要駅のひとつに数えられるまでになりました。隔世の感をおぼえるのは私一人ではないと思います。

 その新横浜駅周辺は、横浜アリーナや日産スタジアムで催事がある時などの人ごみと車の渋滞は相当なものです。さらに近年オフィスビルが立ち並び、シティホテル・ビジネスホテルの利用客も増えました。ラーメン博物館、アイススケート場、ホームセンター、DSなどが次々にオープン。これらの利用者は車で移動しますので、幹線道路だけではなく裏道や住宅地域にも車が溢れています。

 その新横浜駅がさらにグレードアップし、平成20年度には新横浜駅及び北口周辺地区が様変わりしようとしています。今後もますます増加するであろう駅利用者を捌くには、限界が近づきつつあり、JR東海が行なっている東海道新幹線駅舎の改良と駅ビルの建設に併せ、横浜市が進める駅前広場の再整備事業が急ピッチで進められています。

 すでに約15階まで立ち上がった駅ビル(地上19階、地下4階、延べ床面積約9万平方メートル、地下駐車場約470台)には、JR東海ホテル・高島屋・三星堂書店・ビッグカメラなどの出店が決まっているそうです。駅利用客が駅所在地である、港北区の人口に匹敵する31万人を超えるのも時間の問題と思います。横浜駅周辺及びみなとみらい地区に匹敵する、活気ある都市作りが進められることに異論はありません。ただ、新横浜周辺は平地が少なく(北口を出て直ぐ鶴見川河川敷)一極集中となる新横浜駅前は交通に伴う種々の危険を孕んでいます。華やかな建設ラッシュのニュースに浮かれ、人と車による混乱や事故に対する対策を疎かにすることが無い様、JR東海と横浜市都市整備局にはお願いしたいと思います。新横浜駅前には、器が大きい施設が多く、人と車の流れのシュミレーションを見誤ると大変なことになります。計画によれば、人に関しては新設歩行デッキがいくつか準備されています。この措置で十分と考える人はいません。また、車対策があまり計画には盛り込まれていない点が気がかりです。転ばぬ先の杖、完成前に再度計画の総合チェックをお願いしたいと思います。【了】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

定刻発車せよ!横浜線東神奈川駅(常態化する遅延)

 JR横浜線を利用している方ならいつも感じているJR東神奈川駅の混雑はどうにかならないものでしょうか。通勤時間帯のプラットホームは、駅員さんががなりたてる程の混み様です。「大宮行き電車が入ってきます。ホームの端を歩かないで下さい」「そこのお客さん危ないですよ!」「下がって下さい!」絶叫する声が雑踏の騒音に拍車をかけます。時として、京浜東北線から降り立った乗客が横浜線に乗り換え様として、乗降客が入り乱れて身動きがとれないこともあります。通勤時間帯の運転間隔が京浜東北線は4~5分、それに比べ横浜線はほぼ8分間隔です。勿論各種分析データの結果だとは思いますがそろそろ対策を打つべき時期ではないでしょうか。

 この様な状況下、横浜線の発車遅延が常態化しています。事故や混雑による遅延は止む無しという側面もありますが、発車時刻遅延の常態化は問題です。

 常に京浜東北線北行き(東京方面)を優先、横浜線の発車時刻が過ぎても到着を待っているということが常態化しています。どうして定刻発車をしないのか不思議です。日本の鉄道は定刻発車定時到着で世界的にも名だたる鉄道です。その名が泣きます。

 先日も同様でした。平日の午後8時前、東京本面から京浜東北線で東神奈川駅に到着、横浜線に乗り換える時です。駅のアナウンスで駅員が車掌に指示している内容が聞き取れました。「北方優先願います(つまり横浜線の発車は待ての指示)」といっているのです。京浜東北線が何らかの理由で遅延しているとか、事故があったとかでれば納得しますが、何故いつも北方優先なのでしょうか。

事実関係でお示しします。

京浜東北線 大宮行き 東神奈川駅発19:54 

横浜線 橋本行き 東神奈川駅発19:53

 京浜東北線の乗客は、19:53発の横浜線には乗れないはずです。これが八王子行きの最終電車とかなら目もつむりましょう。常態化ということが問題なのです。京浜東北線の乗客は反対側ホームで発車のチャイムが鳴る横浜線に突進します。これで事故が起ったら誰が責任をとるのでしょうか。平時、駅から流れる放送は「危ないですからプラットホームを走ったり駆けたりしないで下さい」と聞いています。発車して直ぐの社内放送が「お急ぎのご乗車ありがとうございます」とは何かおかしくありませんか。

 JR東日本に民営化されたとはいえ、定刻発車を遅らせる権限はどこにあるのでしょうか。もし現場の判断で、遅延と言う行為が行なわれているとすれば大きな問題です。大きな事故が起きない前に、横浜線東神奈川駅の定刻発車をお願いします。【了】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »