« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月27日 (日)

インドの製薬会社が日本市場に狙い!

 7月27日(日)、NHK朝のテレビニュースで「インドの薬が日本へ」が放送されました。

2008_07270010

ザイラス社では、すでに国内拠点を構え、ジェネリック医薬品(高血薬や糖尿病の薬)を2015年に100億円の販売目標を立て活動している模様が伝えられています。

また、ドクターレッデーズCEOのG・V・プラサド氏は、「日本では医療費削減のため、ジェネリックの普及を進めています。これはチャンスです」と述べ、国内市場への参入を強く示唆しています。

2008_07270015

高い技術力と破格なコスト力によって、巨大なマーケットである日本に狙いを定めています。

一方、グローバル・ファーマ・イノベーターを掲げる国内製薬メーカーの第一三共が、先ごろインド最大の製薬企業であるランバクシー・ラボラトリーズを傘下に収めることを発表しました。今年中に連結子会社化する方針です。(参考:キャリアブレイン、海外後発品に参入、第一三共の「奇手」)

第一三共は国内製薬大手の新薬メーカーですが、海外の後発医薬品事業に参入し「新薬+後発品」というハイブリッド経営を目指すことになったわけです。

この流れは第一三共に限ったものではなく、国内外の新薬メーカーの中でも、自社の特許切れとなったものをジェネリック医薬品として売り出しています。ほんの一部のメガファーマを除けば、台所事情は苦しく、あの手この手を駆使して生き残りを図ろうとしている実態が垣間見えてきます。

国内製薬メーカーが模索する中、インドの製薬企業の台頭です。

1)高い技術力

インドは、IT関連技術のみならず、製薬業界でも信頼性の高い製品を生み出す技術力を持っています。最近の技術者は、日本人に負けない知識・経験・スキルを有し、画期的な製品を次から次に生み出しています。

2)安い人件費

2008_07270013

大学院卒の初任給が邦貨で6万円という事実。国内の院卒初任給が23万円前後から考えれば、なんと3分の一です。結果として安いジェネリックが日本に大挙押し寄せることになりそうです。

3)製造法開発のノウハウ

コピー薬で培った製造法の開発に伴うノウハウを持っているのも強みです。欧米の新薬をコピーすることで実力をつけてきたインドの製薬会社は、もともとジェネリック医薬品の製造はおてのものというバックグランドがあります。

3)勤勉性

日本人と同様、インド人は極めて勤勉性に優れ、製造技術や製品の改良などが得意といわれています。10億人を超える人口は、多様な人種、民族、言語、宗教によって構成されているので一概には言えませんが、総じて勤勉な人が多いと聞いています。

「薬といえばアメリカ、ヨーロッパ」という既成概念が塗り替えられる日もそう遠くない予兆を感じさせられる内容でした。

ただ、品質や品揃えに加え、実績がないに等しい現状では紆余曲折が考えられます。国内メーカーの奮起に期待したいと思います。【了】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

診療ガイドラインは患者の強い味方(医療情報サービスMinds)

51c33r6swrl__ss500_  健康が気になったり病気になった時など、書店に並ぶ医療の関連書籍はとても参考になります。検査の読み方、薬の副作用、病院選びのコツといった本を買い求める人が結構います。

関連の書籍や雑誌からは、どんな病気かや一般的な治療法、治療薬などを知ることができ、患者にとって貴重な情報源となっています。

ところで、患者側に立った「診療ガイドライン」があることをご存知でしょうか。

もっと診療の内容について詳しく知りたいという人のために「診療ガイドライン」というものがあり、各種の学会や団体から多様な診療ガイドブックが発行されています。いわば「医学的な情報や専門医の助言をまとめたもの」です。日本糖尿病学会、日本癌治療学会、日本眼科学会、日本小児学会、日本アレルギー学会等著名な学会のほとんどから刊行されています。

 グーグルで「診療ガイドライン」と入力し検索したところ、170,000件余り(7月26日現在)がヒットしました。中でも、財団法人日本医療機能評価機構の医療情報サービス「Minds(マインズ)」に最近注目が集まっています。

例えば糖尿病を例にとると以下の内容になっています。

 糖尿病診断の指針、糖尿病治療の目標と指針、食事療法、運動療法、経口血糖降下薬による治療、インスリンによる治療、糖尿病網膜症の治療、糖尿病腎症の治療、糖尿病神経症の治療、高齢者の糖尿病など17項目にわたって詳細な情報が記述されています。少々難解な記述が含まれていますが、患者さんにとって有用な情報が満載です。

 医師からインフォームドコンセントを受ける前に、「マインズ」で予習しておくことで、医師がどの様な考えで、どの様な治療を目指し、どのような成果を期待しているのかを理解する手助けになるものと思います。

 日経メディカル オンラインによれば、今年2月に実施した「診療ガイドラインに関する意識調査」の結果、診療ガイドラインに対する満足度は48.2%にとどまっているとの報告がなされており、未だ完成途上にあるようです。記載されたことを鵜呑みにすることは危険ですが、医師と患者・家族間のより深いコミュニケーションの橋渡しをしてくれることは間違いありません。

刊行物に合わせ、WEBサイト(無料)の治療ガイドラインにも注目です。【了】

参考:財団法人日本医療機能評価機構 マインズhttp://minds.jcqhc.or.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

高齢者に恐ろしい薬の副作用

 「高齢者への投与は慎重に」と言われる薬、おかしいなと思ったら医師に相談しよう!

2008_07190008

薬局で処方される薬は、誰が飲んでも効き目が同じかといえばそうではありません。固体差といわれるもので、年齢や体重、体調や食事などによっても違ってきます。専門的には、薬の吸収と代謝・排泄のバランスにより、強く効いたり効かなかったりします。このため、一般的には多くの人にとって副作用が少ないであろう量を処方しています。

その薬が、高齢者にとって思いがけない副作用を生む危険性を内包しています。

●高齢者にとって恐ろしい薬の副作用

 高齢者の方で、薬を飲んだ後めまいや嘔吐などを感じたことのある人はいませんか。目から星がでて立っていられず、おもわず柱に寄りかかったという経験をお持ちの方がいるかもしれません。

加齢と共に体重が減り、身長も低くなってくるのは自然の成り行きですが、それと同時に各臓器も何らかの機能低下があるものと考えるべきです。

-抗不安剤や睡眠薬を飲んだ後、ふらふらして転びそうになった人はいませんか。まかり間違えば、転倒して骨折しかねません。いや、現実にあるのです。また、抗コリン作用(抗精神薬や抗欝薬などの服用に伴う便秘や口の渇きなどの副作用)も要注意です。

-抗ヒスタミンや抗アレルギー薬で、尿がでにくくなり、何度もトイレに行くはめに陥っている人はいませんか。頻繁な夜中のトイレは、睡眠の妨げになり寝不足や倦怠感を引き起こします。

-鎮痛剤(例えばベンタゾシン)では、錯乱や幻覚などの副作用に襲われることもあります。

どうしてかと言えば、前述したように吸収・代謝がうまくゆかず、血液中の薬の濃度(血中薬物濃度)がいつまでも高い濃度で維持されてしまい、副作用として各種の症状が現れてくるのです。

●高齢者が注意すべき薬の一例

1)高コレステロール血症(ローコール錠) ノバルティスファーマ

2)インスリン抵抗性改善剤(アクトス錠) タケダ

3)経口血糖降下剤(メルビン錠) 大日本住友

4)急性循環不全改善剤(塩酸ドパミン注) 持田

5)抗ウイルス化学療法剤(コンビビル錠) グラクソ・スミスクライン

薬には必ず効能効果や薬理作用、用法容量、副作用などが記載された添付文書(パッケージインサート)がついています。この情報を参考に医師が処方しています。

その添付文書を読むと「高齢者への投与は慎重に」といった薬が最近増えています。

因みに、経口血糖降下剤「メルビン錠」の添付文書における使用上の注意では、「一般に高齢者では腎・肝機能等が低下している。腎機能低下による本剤の排泄の減少、肝機能低下による乳酸の代謝能の低下が乳酸アシドーシスをあらわれやすくすることがあるので、高齢者には投与しないこと」と記載されています。

参考:メルビン錠添付文書

http://ds-pharma.jp/medical/product/dbps_data/_material_/product/melbin/melbin_tab_tenpu.pdf

上記に挙げた薬のいずれにも同様な記載がなされています。小児や妊産婦への投与と同じように高齢者への処方も細心の注意が必要と製薬会社が警告しているわけです。

●おかしいなと思ったら医師に相談を

 全ての医師がこの情報を正確にインプットしているかといえば、はなはだ疑問です。

治療中に新しい薬が追加されたりした時、薬の相互作用(薬の飲み合わせによって起こる副作用)とは別に処方された薬の副作用である可能性があります。そんな時には、遠慮なく医師に相談することをお勧めします。高齢者特有の薬による副作用は、思わぬ大怪我や症状が現れる可能性が大です。「おかしいな」と思ったら主治医に遠慮なく相談しましょう!素人判断は危険です。

注)WEB上で医療用医薬品(処方薬)の一部添付文書を検索できますが、添付文書は本来、医療機関の医師や薬剤師など向けに作成されたもので患者向けではありません。【了】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

嘘の通報に手をやく横浜市消防局

 救急搬送でトリアージが導入される程救急体制が逼迫している中、虚偽の119番通報が後を絶たないらしい。

7月8日付神奈川新聞が、「うその119番繰り返し、60歳の男が消防法違反(虚偽通報)で逮捕」を報じている。深夜に自宅近くをうろついていたのを近くに住む男性から注意されたことに腹を立て、男性の自宅近くに消防車や救急車が来るように虚偽の通報をし続けていたという。

消防車か救急車かは別にしても、事故や事件、火災、はたまた憂さ晴らしのために出動する姿を見て喜ぶ輩がいるとすれば由々しきことである。本来の救急出動に支障となり、助かる命も助からない事態が懸念される。そして、莫大な労力と経費の損失である。

 横浜市安全管理局によると、平成19年年度の119番通報約23万件のうち、いたずらや嘘の通報は約3,700件にも上るという。平均すると毎日10件が虚偽通報ということになる。これに振り回される当事者のご苦労は並大抵なことではない。

救急車を例にとると、1回の救急車出動にかかる経費を約4万円と試算すると、虚偽通報を単純に計算すれば年間1480万円となる。その総ては税金で、こんなにも無駄な経費が使われていることになるのだ。また消防車と救急車の同時出動も多く、その費用は計り知れない。

火事場を見て喜ぶ人の話は昔からよくあったことだが、当時は通報者の特定が難しく、取り締まりは困難を極めたという。現在、通信技術の発達により固定電話のみならず携帯電話からの通報でも特定できるようになった。こんな不遜な通報者を野放しにしておく手はない。どんどん摘発し、厳罰を課して欲しい。救急車両の有料化検討以前の問題として、刑事罰を含めた断固たる措置を行うべきである。【了】

追記:YAHOOジャパンに寄せられたご意見です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080709-00000003-omn-soci

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

どうしてこんなに高い、再生インクカートリッジ

 暑中見舞いや年賀状をパソコンでという人が圧倒的な勢いで増えています。心のこもった便りに写真を添えた綺麗な書状には書き手の真心が伝わってきます。プリンターの高機能化や画像処理のしやすさなどから、家庭で写真をプリントアウトする方も多いと思います。

2008_07060015

 それにしても、パソコン用のインクカートリッジはどうしてこうも高いのでしょうか。

記者の場合、年間の消費量は6色パックで4キット程度ですが、1パック約6、000円として24,000円にもなります。人によるでしょうが、毎月2,000円の出費は買うたびに高いなと感じています。安いものはないかと探すと純正ではないエコパックが、実勢価格で新品より800円程度安めです。使用した経験からすると純正に比べ幾分色劣りするような気がします。最近では、詰め替えインクセットなども登場しています。

うがった見方かもしれませんが、どうやらマーケティング的な観点からするとプリンター本体をぎりぎりまで安くして、消耗品で儲ける商売のようです。これだけ大量に消費される製品にしては、もともとの値立てが高いと感じます。

愛用するエプソンの製品情報をWEBで開くと「現在大きな問題になりつつある廃棄物の減量を目指すとともに純正メーカーとしてお客様に満足いただける高品位な印刷を実現する再生インクカートリッジをご提供する」と記載されており、再生品に力を入れているような印象を受けます。

この企業姿勢には大賛成ですし、大いに声援を送りたいと思います。

いざ購入しようとネットショップで「販売価格」を見てびっくりです。新品も再生品も値段が一緒ではありませんか。常識では再生品・リサイクル品は安いものとの認識が一般的です。ところが、エプソンのインクカートリッジは同一価格となっています。

PM-D750対応

新品  インクカートリッジ6色パック 5,985円(備考:量販店価格 5,410円)

再生  インクカートリッジ6色パック 5,985円

同様にばら売りであるインクカートリッジも1,102円で、再生品と同額となっています。

なぜリサイクル製品が新品と同じなのか合点がいきません。

構造的な問題などで再生しても安くならない、または再生すると高くなる製品が中にはあるでしょう。

それにしても、再生品が新品と同一価格または高いとしたら買う人がいるのでしょうか。資源の有効利用というほど「価格」への成果が期待できないなら新品を買うのが消費者心理というものです。

企業努力により一層のコスト低減を図り、プリンター愛用者に還元して欲しいと思います。いっそのことインクのいらないプリンターにしてはどうでしょうか。【了】

参考:

http://shop.epson.jp/goods/searchUseModel/gotoGoodsListAction.do

追記:

YAHOOジャパンに様々なご意見が寄せられました。

リサイクル製品は高いのが当たり前というお考えの方が多いようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080708-00000003-omn-soci

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »