« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月24日 (日)

さらばOhmynews!

 2006年8月28日創刊のインターネット新聞「オーマイニュース」が、2008年9月1日をもって「オーマイライフ」として、生活情報ネットサイトに鞍替えするとの公告がありました。

http://www.ohmynews.co.jp/news/20080801/27650

オーマイニュースは「市民みんなが記者」をキャッチフレーズに「市民による市民のためのインターネット新聞」を目指して活動を展開してきました。創刊2年で登録市民記者4624名(7月25日現在)となったオーマイニュースが、インターネット新聞としてのさしたる独自性を打ち出せず、創刊宣言をかなぐり捨て生活情報ネットへと大きく舵を切ることになったわけです。

創刊時からの市民記者として掲載された記事は153本を数えます。この間、初代市民記者編集委員を仰せつかり記事編集に参画させていただきました。また韓国で開催された世界市民記者フォーラムにも特派員として訪韓し、取材を行いました。今となっては懐かしい思い出です。

オーマイニュースの方針転換は、実質的にオーマイニュースの廃刊と考えられます。地域密着型の日々の出来事を記事化しネットでリアルタイムに伝えることを標榜してきたオーマイニュースであっただけに多くの登録市民記者にとって衝撃的な出来事だろうと思います。

廃刊に至った内実と経緯をMNJが報じています。

http://www.mynewsjapan.com/reports/897

僅か2年間に、オーマイニュースインターナショナル㈱からオーマイニュース㈱へと社名が変更され、鳥越俊太郎編集長から元木昌彦編集長へとバトンタッチ、現在の平野日出木編集長に引き継がれました。社長もオ・ヨンホ氏から元木社長そして今年になってスポンサーであるソフトバンク系列の社長が就任しました。交代した途端、リストラが断行された模様で、スタッフが大幅に削減(10名から数名に)されたと聞いています。思ったように広告収入が得られず、資本金を食いつぶす毎日であったことが想像できます。

公告がある少し前、東京で平野編集長にお会いした際、「経営的に独立独歩が実現できなければ企業としての存続が難しく、資金が枯渇し、もっても今年一杯かもしれない」という話でした。

小船が大海で翻弄され、無人島に漂着したというところでしょうか。

方針変更にあたって、オーマイニュース㈱はその経緯を登録市民記者にきちんと説明すべきです。またニュース媒体からの撤退を明確にすべきではないかと思います。

率直に、方針変更にいたった経緯を説明し、現在までの協力に感謝し、新たな方針を示すのが本来の姿です。さしたる説明もなく、ただ生活情報ネットへ変更するから宜しくではいささか納得できません。

当初の意気込みは消え失せ、ニュースメディアからの撤退を表明したオーマイニュースの前途に明かりは見えるのでしょうか。

先行するAll aboutの焼き直し版を目指すとしたら結果は見えています。オーマイライフが成功するかは、独自のプラットフォームに加え、魅力的なコンテンツとそれを支える優れた市民記者が必要です。もし、登録した市民記者に引き続き参画を求めるとするならば、リニューアルに至る経緯と今後の目指す方向性を示すことが最低限必要であり、多くの市民記者はオーマイニュースの正式アナウンスを待っているのではないかと思われます。

記者を引き止める魅力的な展望が見えない現在、しばらくいばらの道が続くものと考えられます。

「さらばオーマイニュース!」

この言葉を最後に、オーマイニュース市民記者としての活動を終えることにします。【了】

追記:「あらたにす」に投稿が掲載されました。あらたにすは、日本経済新聞、朝日新聞、読売新聞3紙の共同インターネット事業です。

http://allatanys.jp/P001/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

車は本当に必要ですか?(車社会からの積極的離脱)

 最近、若者の車離れが進んでいるそうです。拍車をかける様に自家用車を手放す人が増えていると聞きます。

2008_08140007

(財)自動車検査登録情報協会の自動車保有台数推移表(軽自動車を含む)によれば、ここ数年毎年100万台程度の増加傾向にあったものが、平成18年度から19年度にかけては約41万台と伸びが鈍化傾向にあることがわかります。平成20年度の実数がどうなるか予測の範囲でしかありませんが、このまま進めば自動車保有台数が前年割れに転ずるものと考えられています。

そんな中、我が家でも車検を機に買い替えを検討した結果、長年の自家用車生活からおさらばすることにしました。

2008_08140010

走行距離約110、000Kmの愛車で駆け巡った場所は、山陰・山陽・四国・関西・中京・伊豆・房総・信州など全国に及びます。時々のドライブでの思い出がたくさんです。懐かしい思い出がいっぱい詰まった愛車を手放すのは一抹の寂しさをおぼえます。

2008_08140011

なぜ車からおさらばなのか、実体験を通じて得た具体的な理由をいくつかご紹介します。

1)使用頻度が極めて少ないこと

 土曜・日曜・祝日に乗ることはあっても平日に運転することはなく、月に使用するのはせいぜい4-5回しかありません。本当に車が必要だろうかと考えた末、我が家にとっては車が無くとも生活に支障はないと判断しました。必要に応じタクシーや公共の交通で充分と思われるからです。ちょっとした買い物には自家用自転車があります。

2)遠出のドライブは無縁になったこと

 遠出のドライブとは無縁になったことです。以前なら伊豆や箱根などは朝飯前で、長距離ドライブしたことが懐かしくさえ感じられます。ところがその長時間ドライブが、楽しみから苦痛に変わってきたことです。更に加齢による事故の確率が高まると判断したことです。アクセルとブレーキを踏み間違えたという事故が各地で起きており、そのほとんどは高齢者で、君子危うきに近寄らずです。

2)対費用効果が望めないこと

 任意保険料に駐車場代金、ガソリン代に車検費用の積み立てと年間維持費には50万円以上かかります。しかも、車のローンがなければの話です。また、庶民からすれば天井知らずのガソリン価格高騰が家計に与える影響は計り知れません。我が家の場合、月の維持費がおよそ5万円ですから、1回使用する料金?は、なんと1万円ということになります。利便性は可としますが、わずか2~3時間で1万円は決して安くありません。

3)車がなくとも生活できること

 都会に住む限り、車がなくて不便を感じるのは郊外型SCに行くときくらいなものです。最近では、最寄り駅からシャトルバスが運行されています。公共機関の整備が進み、電車やバスの利便性が車なしの生活を後押ししてくれます。地方に住む方にとっては必需品でも、都市部では便利な乗り物程度の価値感です。もちろんお子様やお年寄りのいるご家庭では必需品であることを否定するものではありません。

4)ステータスとしての車時代が終わったこと 

 新・三種の神器(カラーテレビ・クーラー・自動車)といわれた時代にはステータスとしての車の存在があったと思います。エコが叫ばれる現在、車の価値は様変わりしました。一方、レンタカーの普及で、廉価な料金でいつでも借りることができます。小型車なら一日乗って、ガソリン・保険料込みでも1万円未満です。また、各地でカーシェアリングも始まりました。一家で一台の車社会は確実に変わろうとしています。経済的余裕のある方は別の話です。

5)環境にやさしい生活様式が求められること

 ハイブリッドカーや電気自動車など、環境に配慮した車が求められています。従来型のガソリンを燃料とする車は環境の悪化に拍車をかけ続けます。また耐久消費財である、車の消費型一辺倒の考えは見直されるべきでしょう。もちろん、自動車産業の国内における経済的インパクトの大きさを無視できないことは承知していますが、それは別次元の課題です。

自家用車を保有するか否か人それぞれですが、景気低迷期・物価高騰・エコ社会・地球温暖化など車社会を見直す良い機会でもあります。「自分にとって本当に車が必要か」を考える時代にきています。【了】

参考;(財)自動車検査登録情報協会

http://www.airia.or.jp/number/index2.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

危険な家電品が、あなたの家にも転がっている?!

 どこの家庭でも、厳しい暑さの訪れと共にエアコン・扇風機・洗濯機がフル回転です。

先日のこと、我が家の洗濯機が悲鳴をあげ、ダウンしました。このため、手洗いを強いられることになり、小物を中心に試みましたが、洗濯機の重宝さに慣れっこになっていた私は、その便利さを思い知らされることになりました。

2008_07220021

メーカーに連絡すること3日、サービスマンが来て電気系統の故障を修理してくれました。操作パネルの接触不良の様でした。

修理途中で「大事に至らなくて良かったですね」との話に、洗濯機は壊れない?と信じていた私には意味がわかりませんでした。

-古い洗濯機はそんなにトラブルが多いんですか?

型の古い機種で、お手入れの悪い洗濯機から時々発煙騒ぎが起こっています。

-怖いですね。他の製品でもあるんですか?

2008_07220008

0年とか20年使われた、扇風機・エアコン・ブラウン管テレビ・換気扇などで多く見られます。発煙程度ならまだしも火災が怖いです。

-どうしてそんなことが起こるんですか?

多くは、使いっぱなし、埃だらけ、油だらけ、タコ足配線という状態です。使用説明書にある、お手入れの仕方を守っていただければ大丈夫です。

よく聞いてみると経年使用の家電製品のトラブルが最近増えているとのことでした。

家電製品の質の向上には目を見張るものがあり、冷蔵庫やテレビ、湯沸かし器に電気乾燥機などたくさんの電化製品に囲まれ生活しています。耐久性も増し、10年以上使用している製品も少なくありません。そんな経年使用製品が最近問題になっているのです。

どんな問題かというと「扇風機から失火」「洗濯機で漏電」「加熱器のコードが燃え上がる」などの事故が増えているそうです。

2008_07220017

調べてみると、長期使用製品安全点検制度という消費生活用製品安全法があり、「経年製品の使用に関しては充分な注意が必要」と経済産業省が呼びかけています。また、メーカー各社や業界団体から注意を促す公告がなされています。

裏付けるかのように、8月2日付朝日新聞でも注意を促しています。「経年劣化が原因の家電の重大事故は、5月までの1年間で47件、うち19件が扇風機で、軽症者も1人いる」と報じています。

使ったままで、長い間掃除やメンテナンスをしていない家電製品が特に危険です。

台所の油まみれの換気扇、埃をかぶったままの扇風機、フィルターの掃除をしないで赤ランプ表示のままのエアコン、防水パンを一度も掃除したことのない洗濯機、空気取り入れ口が目詰まりしたドライヤーなど「危険な家電」があなたの家でも転がっているかもしれません。

使用頻度の高いこの時期、あなたの家のエアコン・洗濯機・扇風機は大丈夫ですか?

他の家電製品を含め一度点検されることをお勧めします。その際、製品のカタログや取り扱い説明書の整理を一緒にすると後々便利です。【了】

参考:経済産業省 消費生活用製品安全法改正について

http://www.meti.go.jp/product_safety/producer/shouan/07kaisei.html

追記

オーマイニュースで週間賞に選ばれました。

http://www.ohmynews.co.jp/news/20080811/27830

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »