« 横浜・青森間に新航路?青森「ナッチャンworld」が接岸 | トップページ | 勤務医に還元されなければ意味がない!診療報酬改定 »

2010年2月20日 (土)

梅前線北上中!大倉山梅林で観梅会-横浜-

 2月に入り、時折雪が舞う厳しい寒さが続いています。20日~21日の両日、地元恒例の観梅会が大倉山公園梅林(横浜市港北区)で催され、春の訪れを待ち望む人々で賑わいました。

057

(写真:梅の咲き乱れる園内に和太鼓の音が響き渡る) 

 大倉山梅林は、約30種200本の梅が植栽されている梅の名所です。この日の観梅会では、野点茶会や日本舞踊、三曲演奏などのほか、オリジナル梅酒(梅の薫)の販売などが行なわれました。

059

(写真:紅梅の花弁から梅の香りがあたり一面に漂う)

 東急東横線で横浜駅から渋谷方面に向っておよそ15分、大倉山駅(各停のみ停車)で下車し線路沿いの急坂を登りつめたところに梅林があります。元気な人でも息切れする急坂は結構しんどく、一気に登るのは至難の業です。歩いて約10分、お目当ての梅林に到着です。見上げると、このところの冷え込みをものともせず、紅梅はほぼ満開、白梅が8分咲きでした。この梅林には、ひとつの枝に淡い紅・紅・白色の花が咲き乱れる「思いのまま」という珍しい梅があります。

035

(写真:見事に咲いた白梅に思わずパチリ)

 公園の一角に設けられた舞台では和太鼓の演奏が行われていました。梅の香が漂う園内のあちこちでお弁当を広げる人の姿がありました。梅の木の下のお弁当はさぞ美味なことでしょう。ここままいけば、今しばらく観梅が楽しめそうです。

 梅の開花時期は品種や天候によって大きく左右されるそうで、今年は極端に暖かい日もあれば厳しい寒風にさらされたりと梅にとっては厄介な年になりました。これから5月上旬までゆっくりと日本列島を北上します。梅が終わると、間もなく桜の便りに変わります。【了】

■参考情報

大倉山梅林http://www.city.yokohama.jp/me/kohoku/sinkou/ookurayamakanbaikai.html

Photo

備考:PJニュース掲載記事

http://news.livedoor.com/article/detail/4616629/

|

« 横浜・青森間に新航路?青森「ナッチャンworld」が接岸 | トップページ | 勤務医に還元されなければ意味がない!診療報酬改定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122936/47563099

この記事へのトラックバック一覧です: 梅前線北上中!大倉山梅林で観梅会-横浜-:

« 横浜・青森間に新航路?青森「ナッチャンworld」が接岸 | トップページ | 勤務医に還元されなければ意味がない!診療報酬改定 »