« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月27日 (日)

かながわ散歩みち(22)四季の森公園から横浜ズーラシアへ

 春一番となった2月25日、腰痛のためしばらく散歩を休止していた「かながわ散歩みち」を再開しました。今回は、横浜市北部に位置する県立四季の森公園から横浜ズーラシア(動物園)までを散歩します。

2011_0225shikinomori0018

JR横浜線「中山駅」~県立四季の森公園~横浜ズーラシアへと歩を進めます。目的地は2ケ所ですが、いずれも広大な敷地とアップダウンのある道とあって散歩みちとしてはなかなかのものです。

■四季の森公園

 県下で有数の自然公園として知られる「四季の森公園」は、起伏に富んだ丘陵で、面積が約36ヘクタールとかなりの広さを持つ市民憩いの場所です。その名の通り、「貴重な自然環境をできる限り保全しつつ、四季折々の自然との触れあいの中で、県民が潤いと安らぎを得られる、ふるさとの森と、屋外レクリエーション活動の場を造る」ということで整備された公園では、四季折々に豊かな草花と里山の風景を見ることができます。

2011_0225shikinomori0004

園内には、、「しょうぶ園」、「あしはら湿原」、「じゃぶじゃぶ池」、「花木園」、「炭焼き小屋」などやいくつかの広場などがあり、子供から大人まで楽しむことができます。6月のしょうぶ園は近隣でも数少ない名所で、時季には多くの人で賑わいます。

2011_0225shikinomori0037

2月とあって草花は少なく、紅梅やネコヤナギが咲いている程度でした。【冬木立ち】という表現がぴったりする風景がそこにありました。北風に曝されながらも、じっと耐える冬枯れの木たちを観察していると里山にも少しづつ春が近付いていることがわかります。展望台からは360℃の景観を楽しむことができます。強い風に吹かれながら見る展望台からの景色は爽快そのものでした。北口~水車小屋~花木園~不動の滝~展望台 ~南口まで、公園を横切る形の散歩でしたが、山歩きに慣れない筆者としては結構な運動でした。
次回は、春から初夏に是非訪れてみたいと思います。

【道案内:中山駅南口を出て、ロータリー正面のマクドナルド横を直進すると中山駅南口入口交差点にでます。信号を渡り、さらに直進、杉山神社前を通って直ぐの三差路を右手にとり、四季の森公園プロムナードを進みます。約15分で四季の森北口のビジターセンターへ】

■横浜ズーラシア

 1999年4月に開園以来、オカピのいる動物園ですっかり有名になりました。園内はとても手入れが行き届き、散歩するにはうってつけの場所です。動物園のテーマは「生命の共生・自然との調和」で、当時としては画期的な「生態展示」がとられ注目を浴びました。

2011_0225shikinomori0041

ズーラシアの由来は、ZOO(動物園)+ユーラシア大陸(広い)の合成語で、市民公募から選ばれたものです。総面積53ヘクタールと言われ、最終的には日本最大級の動物園になる予定です。さきに挙げたオカピ(キリンの先祖)を始め、59種類315点が飼育され、近い将来には150種1500点にまで増やされることになっています。

2011_0225shikinomori0045

生態展示というように、限りなく動物のそのままの状態を維持しており、目の前で「いつもの姿」を見ることができます。散歩するだけなら1時間もあれば回れます。じっくり動物と対話したい方なら3時間程度は必要ではないでしょうか。平日とあって、流石の動物園も閑散としていました。ゆっくり見るなら平日がお勧めです。

【道案内:公園南口を出ると中原街道(45号線)に出ます。街道を都岡町方面に向かい、3つ程の山坂を上り下りすると、動物園入口です。帰路案内:動物園からは中山駅行きと鶴ヶ峰行きのバスがあります。時間帯によって本数が少ないので注意して下さい】

 中山駅から歩くこと約2時間30分、万歩計は11500歩、消費カロリー280kcと少々過酷な散歩みちでした。このコースは健脚の方にお勧めです。健康と頭の体操(歩く、見る、写す、考える)には、この上ない刺激になりました。【了】

■参考情報

四季の森公園HP:http://www.kanagawaparks.com/shikinomori/

ズーラシアHP:http://www.zoorasia.org/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かもめ舞う海を背景に大合奏!ブラス・ジャンボリー2011開催

 26日、横浜港大さん橋国際客船ターミナル大さん橋ホール(横浜市中区)で、ブラス・ジャンボリー2011が催され、管楽器愛好家700人あまりが真っ青な海を背に名曲を奏でました。

2011_0226yokohamaportside0019

(写真:会場となった横浜港大さん橋国際客船ターミナル大さん橋ホール、正面、水色の部分が海。2011年2月26日撮影 大さん橋にて)

 このイベントは「演奏する楽しみを肌で感じること」をめざし、管楽器愛好者(初心者からシニアまで)を対象に幅広く参加者を募り、愛好家なら誰もが気軽に参加できる演奏会です。会場は、大さん橋の突堤にあり、船倉のような構造で正面が総ガラス張りになっています。演奏中にふと見ると、かもめが空を舞っている姿が見てとれました。音楽を観賞中にかもめをみられるとは驚きでした。

2011_0226yokohamaportside0018

(写真:会場内の風景、入口からは然程広さを感じませんが、中に入ると結構な広さです。)

 指揮と合奏指導を曽我大介氏が担当、スペシャルゲストにクラリネット奏者の北村英治氏を迎えました。北村氏はあまりに有名な日本のジャズ・クラリネットの第一人者で、世界的なジャズ・クラリネット奏者としても活躍しています。間近に見る北村氏は、流石に一流プレーヤーの貫録、クラリネットから奏でる音色は「素晴らしい」の一言でした。

リハーサルでは、曽我大介氏が「ここはもう少しリズムカルに!馬の蹄が響くように!」など、熱心に指導していました。ぶっつけ本番に近い状態の中で、これだけの人数で曲を奏でるのは相当な難業です。しかし、奏者は指揮通りに応えようと一生懸命でした。

プログラムはクラシック及びポップスの中から、多くの人が演奏しやすい楽曲が用意され、「シング・シング・シング」「イギリス民謡組曲」「ラデッキー行進曲」「見上げてごらん夜の星を」「宝島」「ブラス・ジャンボリーのためのファンファーレ」などが演奏されました。

「見上げてごらん夜の星を」では演奏にコーラスが加わって、懐かしい名曲が会場いっぱいに響き渡りました。初心者からプロ級の参加者とが一緒になって、「演奏することの楽しさ、嬉しさ」を誰もが実感しているようでした。【了】

■関連情報
PJニュースは一般市民からパブリック・ジャーナリスト(PJ:市民記者)を募り、市民主体型のジャーナリズムを目指すパブリック・メディアです。身近な話題から政治論議までニュースやオピニオンを幅広く提供しています。

PJ募集中!みなさんもPJに登録して身の丈にあったニュースや多くの人に伝えたいオピニオンをパブリックに伝えてみませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

国内初の「埋め込み型補助人工心臓」に期待!

 2月17日、テルモが埋め込み型人工心臓を4月1日から発売すると発表しました。国産では初めて、埋め込み型の補助人工心臓が製造販売されることになったわけで、その成果が期待されています。http://www.terumo.co.jp/press/2011/005.html

034_02

写真:テルモの人工心臓システム(テルモHPより)

19日、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会の医療機器・体外診断薬部会が、テルモ「デュラハート」とサンメディカル研究所「エバハート」の製造販売を承認しました。

補助人工心臓 (Ventricular Assist System VAS:バス) は、急性あるいは慢性心不全に陥ってしまった患者さんの心臓を補助するもので、血液循環のためのポンプ機能を持つ治療用装置です。体内に埋め込むタイプ(体内設置型)と、体外タイプ(体外設置型)があり、今回承認されたのは体内型といわれるものです。厚労省によれば、いずれの機種も容量が従来の3分の1と小型なこと、重量が500g程度と軽量なことから体格の小さな患者さんにも応用できそうだとのことです。

サンメディカルのエバハートは、次世代型補助人工心臓とも言われ、従来の拍動型と全く異なる作動原理の遠心ポンプで、1)小型で高効率である、2)静かで発熱や振動もない、3)人工弁が不要4)血栓症・感染症が少ない、5)長寿命、6)携帯性に優れる、7)自宅療養・外来管理も可能など、今まで患者さんが待ち望んでいた人工補助心臓だと、関係医師や学会などから高く評価されています。

テルモのデュラハートは、遠心ポンプの内部で回転して血液を押し出す羽根車を、磁気で浮かせて回す独自の「磁気浮上方式(磁気浮上型遠心ポンプの技術)」を採用しており、軸がなくプロペラがどこにも触れないため、血栓ができにくいのが特徴で、 本体はわずか540gの軽量設計になっています。

性能はもちろん、これらの装置を装着することで、大幅なQOLの改善につながることが期待されます。【了】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

【My Photo】Reality?

2011_0225shikinomori0042

(撮影:宮本 聰 2011年2月25日 横浜ズーラシアにて FinePix HS10 f6.4 1/480sec. ISO-100)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【My Photo】梅

2011_0220okurayamapark0049

(撮影:宮本 聰 2011年2月23日 大倉山公園にて FinePix HS10 f3.5 1/280sec. ISO-100)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

目くじら立てるほどのことはない!楽天の英語公用化

 楽天の「社内の英語公用化」に賛否が沸き起こっているようです。楽天は仕事柄ますますグローバル化せざるをえない事情があり、世界で広く用いられている英語を社内の公用語としようとしています。必要な企業が必要に迫って「英語」を単に社内での標準語にしようと言うだけの話で、目くじら立てるほどのことはないというのが筆者の感想です。

W73

                     【楽天のロゴマーク】

社内でいくら英語化しようが、国内に拠点をおいてビジネスを展開する限り、日本語は必須であり仕事の世界からなくなるわけではありません。日本企業が社内を英語圏にするということで賛否両論があるのでしょうが、今は国籍に関係なく、専門商社や製薬会社などでは、社内で英語が飛び交っています。

 三木谷社長が社外にわざわざ公言するからややこしくなったわけで、企業内でしっかりおやりになればいいだけのことです。グローバル化がどんどん進み、国内だけで商売をすることは困難な時代です。アメリカや中国、中東が揺れれば直ちにその反動がかえってきます。外資系企業に籍を置いた方なら、なにをいまさらという感じだろうと思います。

それにしても、楽天の求人情報では、「中途採用の採用条件をTOEIC 600点以上」としています。筆者の経験から言えば、ビジネスとして使える判断基準は680点以上というのが常識で、即戦力から考えるともの足らなさを感じます。

新卒の基準は見当たりませんが、少なくとも四大卒で420点が常識とすれば、3割増しの560点が採用基準となるのでしょうか。それにしても中途採用の条件は低すぎます。おっと、これも目くじら立てるほどのことはないですね!【了】

■関連情報

あらたにす掲載記事

http://allatanys.jp/U001/L0001TG001_12.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

梅の名所大倉山公園で観梅会

 冬真っただ中の19日と20日、梅の名所である大倉山公園(横浜市港北区)で観梅会が行われ、多くの人で賑わいました。初日はお昼過ぎから薄日がこぼれましたが、二日目はあいにく曇り空で、肌寒い中の梅見となりました。

2011_0220okurayamapark0054

横浜市内では三渓園の梅がつとに有名ですが、それに勝るとも劣らず、大倉山の梅林も30種、200本の梅が咲き誇っています。白加賀、玉すだれ、花香美、桜鏡、月宮殿、茶青梅、枝垂れ紅、桜梅、白玉梅、杉田、古今集、八重寒紅、八重野梅など個性ある品種がたくさんあります。それぞれに美しさや香りを持ち、観梅客を楽しませてくれます。

東横線大倉山駅からホームに沿って急坂を登ること約10分、大倉山精神文化研究所を過ぎると梅のほのかな香りに包まれた大倉山梅林に出ます。あまりの急坂に、途中で休憩する人も結構見かけました。 

2011_0220okurayamapark0020

敷地面積がおよそ69,000平方メートルのうち、約1万平方メートルが梅林となっています。梅林内には程良く梅木が植えられ、じっくり梅を観賞できます。一つの枝に淡い紅・紅・白の花をつける「思いのまま」などここでしか見られない梅もあります。書屋の蝶(しょおくのちょう)は筆者好みの梅です。梅林の中ほどにある小さな枝ですので、見落としてしまいそうです。是非ご覧ください。

2011_0220okurayamapark0029

毎年恒例となった「大倉山観梅会」では、咲き乱れる梅の下で和太鼓や獅子舞い、野点、日本舞踊などのイベントが行われました。また、横濱001グッズ認定商品である、大倉山梅酒「梅の薫」(720ミリリットル 1,100円)の直売も行われ、ハマの名品とあって買い求める人が行列をなしていました。

 公園内には屋台が並び、花とだんごならぬ、梅酒とたこ焼きが人気のようでした。見ごろは3月上旬ころまで、梅が終わりしばらくすると春の訪れとなります。【了】

■参考情報

第23回大倉山観梅会HP

http://www.city.yokohama.jp/me/kohoku/sinkou/kanbaikai/

■関連情報
PJニュースは一般市民からパブリック・ジャーナリスト(PJ:市民記者)を募り、市民主体型のジャーナリズムを目指すパブリック・メディアです。身近な話題から政治論議までニュースやオピニオンを幅広く提供しています。

PJ募集中!みなさんもPJに登録して身の丈にあったニュースや多くの人に伝えたいオピニオンをパブリックに伝えてみませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言いえて妙?雑誌「ぶっこわして発展するのが横浜流」とは?

 最近発売された、マイクロマガジン社発行の「日本特別地域 特別編集 これでいいのか 神奈川県 横浜市2」-ぶっ壊して発展するのが横浜流-が売れているようです。早速、買い求めました。

2011_0220okurayamapark0005

目次をながめると過激な表現が並んでいます。横浜市民ならその意味が直ぐピーンときます。言いえて妙、読み進んでいくうちに思わず吹きだしてしまいました。笑いの意味は読者のご想像にお任せします。その過激なタイトルの一部をご紹介します。

●西区・中区・保土ヶ谷区 横浜型住民の中心地 最近はよそ者が闊歩する

●横浜市の歴史は崩壊と復興の連続によって生きている

●横浜中心地の一戸建て住宅地はもはや古びて高齢化が進む

●気張ったけど失敗Y150の反省

●小机は朽ち果てるか ぶっ壊されるの待ち?

●高度成長時代を彷彿 油とスモッグが故郷

●あっと驚く「緑園都市」相鉄スタイルはゴミのそば?

●オシャレ・安全・安心の横プラが幻になる日は近い

 読む人の立場によっては不快感を、日頃何となく鬱積した感じの人には爽快感を与える内容です。雑誌社の目論みに嵌ることなく、ここは冷静に考えてみたいものです。横浜を考え直すヒントになるかもしれません。※横ブラは横浜ブランドのことです。【了】

■参考情報

発行所 株式会社マイクロマガジン社 2011年2月22日発行 定価 1,365円税込

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

【転職最前線】面接官は内部者とは限らない!その内実

 就職戦線は混迷を深めています。景気が上昇していると伝えられているのに企業側の採用活動は少しも改善されていません。まだまだ企業の多くが守りの姿勢(様子見)から抜け切れていないと言っていいでしょう。そんな中にあって、積極的に人材を募集しようとする企業もあります。

就職・転職には不可欠な面接試験、その試験官が内部の社員とは限らないことをご存じでしょうか。昨年秋、さる外資系製薬会社の面接官を務めた筆者の経験から、その内実を披歴します。

●人事部門の外注化が進んでいる

 アウトソーシングによるコストカットはかなりの企業で浸透しています。従来、採用部門の外注といえば、応募申込み業務や書類審査、面接設定までをアウトソーシングする企業がほとんどでした。ところが最近、一歩進めて「応募者の審査(面接)もアウトソーシング」する企業が増えてきました。専門性のあるアウトソーシング企業と請負契約を結び、採用業務の効率化を図ろうとするものです。この結果、面接官が外部者であることが珍しくなくなってきました。

●外部面接官は合格者のノルマがある

 外部面接官とは、面接を請け負っている会社が、面接官を企業に送り込み企業内で面接を行うものです。入門許可証(IDカードではない)を付けており、受験者からは会社の人間かどうか見分けるのは難しいでしょう。面接官は、一定のノルマを負っており面接合格者を確保する必要があります。いい加減な受験者を通すわけにはいかず、さりとて合格者ゼロといかない事情があります。少なくとも面接者の2~3割(企業の目標設定によって違う)を選別しなければならないことが多く、10人面接を受けて2~3人の合格者となるので、当然審査は厳しくならざるを得ません。「数と質のノルマ」をどうこなすかが「優秀な外部面接官」となるのです。

●専門家であることが多く、質問には厳しい

 面接官はほとんど専門家です。多くは同業他社で経験を積んだ面接官で、面接のプロであると同時に専門知識を有しています。面接のポイントがどうしても専門的になるのは仕方なく、それだけに受験者は周到な準備をする必要があり、専門知識、スキル、経験・実績を厳しく査定されます。中でも、経験・実績は非常に重要です。知識を前提にして、過去にどのような実績を積んできたかが問われるのです。こういう会社にいました、こういう仕事をしていましたでは、まず通用しません。自信を持って己の実績を客観的に説明できるかをチェックしています。

●会社組織やビジョンを聞いても曖昧な返事が多い

 会社組織とか企業ビジョン、今後の経営方針を聞かれて的確に答えられる外部面接官は少ないはずです。面接官から「何か質問はありますか」と聞かれ、あなたが「貴社の今後の経営戦略、見通しといったものをお聞かせ下さい」と質問しても、自信を持って答えられる面接官はまずいないと思われます。組織の質問にはお手上げです。どういう組織で、支店がどこにあり、どんな顧客を持っているかを質問されたら答えられません。これだけではありませんが、内部組織に身を置いた人間でなければわからない質問(給与、昇進、退職率など)をぶつければ、内部者かどうか見分けがつきます。

【面接を受けるに際して】

1)異業種出身可の真意

 他業種からの応募を認めたため、かなりの受験者がありました。一般論として製薬会社であれば同業他社からの応募が当たり前です。当該企業は、政府や公的機関、会社や健保組合を相手にすることから応募可としたわけです。しかし、よほどの特殊な経験を持っていない限り応募しても無理と考えるべきです。営業職であれば、前職での顧客やチャンネルをもとに仕事をするわけで、それらを持たない人を採用することはありません。因みに筆者の面接で合格した人はいませんでした。

2)仕事内容の理解は最低条件

 求人票に記載されている仕事の内容を十分理解していない人を見かけます。ひどい例は、人材紹介会社に勧められて応募したというケースがありました。異業種応募可に魅かれて担当者のいいなりで応募した人はすぐわかります。また、求人票の仕事内容の記述(言葉)がわからない人が応募しても無理というものです。うわべだけの理解は直ぐばれます。「言葉を知っていてもその意味は知らない」が端的な事例です。少なくとも事前に応募企業のHPや求人票などを見て、しっかりと予備調査しておくことが必要です。なまじ、中途半端に答えるより「そのことについては勉強しておりません」と応えた方が面接官の心証は良いと思います。

3)何をしたいか明確に言えるか

 新しい仕事で何をしたいのかをしっかり言える人でなければなりません。「入社した暁には知識を吸収し、早く即戦力になれるよう頑張ります。」では面接官は即戦力があると判定しません。明日から己がどう動くのかをはっきり言える人こそが即戦力なのです。主張できるということは、市場や顧客の動向を知り、製品の持つ特質を理解していなければできません。女性の応募者が、「女性の立場・視点からものを考え、顧客にアプローチしたい。今考えていることはこんなことです」と具体的に述べた人がいました。製品が女性対象であったため、その発想が気に入り合格とした例があります。

4)前職の不平不満はご法度

 転職・離職理由に前職での不平不満を述べる人がいます。心情的理解はしても、同意はしてくれません。上司が、製品が、給与がといった不満で辞めた人は、仮に採用しても同種の理由でいざこざが起こることを恐れるため採用しません。製薬会社の場合、単発的(新製品の上市など)でマンパワーが欲しい場合、実績があれば稀に採用することがあります。この場合、将来的なキャリアパスを考えずに短期の即戦力(使い捨て)として使おうとします。最後に、応募の熱意がとても重要です。「俺はできるんだ」も大切ですが「私は是非この仕事がしたい」という熱意が面接官の心を揺り動かすことがあります。

 ひょっとして今度の面接は外部面接官かも知れません。その対策をしっかり練ってその場に臨んで欲しいと思います。【了】

■関連情報
PJニュースは一般市民からパブリック・ジャーナリスト(PJ:市民記者)を募り、市民主体型のジャーナリズムを目指すパブリック・メディアです。身近な話題から政治論議までニュースやオピニオンを幅広く提供しています。

PJ募集中!みなさんもPJに登録して身の丈にあったニュースや多くの人に伝えたいオピニオンをパブリックに伝えてみませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

かながわ散歩みち(番外編)御茶ノ水から湯島天神へ

 昨秋、腰を痛めて以来久しぶりの本格的な散歩みちとなりました。番外編として、「JR御茶ノ水駅から湯島天神の観梅」をお届けします。御茶ノ水駅西口~お茶の水記念碑~ニコライ堂~聖橋~湯島聖堂~神田明神~秋葉原電気街~不忍通り~湯島天神までを足の向くまま、気の向くままゆったりと散歩を楽しみました。今回は写真をふんだんに使ってご案内します。2011_0216yushimatenjin0004

写真:御茶ノ水西口駅前に立つ、東京医科歯科大学のキャンパス(2011年2月16日撮影)

■お茶の水記念碑

 JR御茶ノ水駅西口を出て、すぐ向かいの駅前派出所のわきに「お茶の水記念碑」があります。お茶の水の由来は、1604年(慶長9年)ごろ、徳川家康が近くにある高林寺と呼ばれる寺の湧水を運ばせ、茶をたてたところからこの名がついたとされています。その後、その井戸は神田川の拡張工事のため川底に没し、現在ではその名を残すのみになっています。道ゆく人で石碑を見る人はなく、「名をとどめ置く」といった風情でした。

2011_0216yushimatenjin0006

【道案内:お茶の水駅西口を出て、交差点の向かい側の交番隣、大きな木の根元に記念碑と案内】

■ニコライ堂

 ニコライ堂(日本ハリストス正教会復活大聖堂・国重要文化財)は、1861年(文久元年)、函館のロシア領事館司祭として来日した、ギリシア正教会大主教(修道名=ニコライ)が、1891年(明治24年)に完成させたものです。ロシア人シチュールポクの設計で、日本における西洋建築の草分けといわれるイギリス人コンドルが工事監督を務め、見るからに重厚で繊細な建築物になっています。関東大震災で被災し、現在の建物は、1929年(昭和4年)に修復されたものです。周りに近代的な建物(明治大学・日本大学病院など)がそびえ立つ中にあって、ひときわ印象に残る建造物で必見の価値ありです。通常、建物内に入ることはできません。

2011_0216yushimatenjin0016

【道案内:交番の前の道を神保町方面(川と逆方向)に進むこと100m、右手に明治大学の近代的校舎、左角に佐々木研究所杏雲堂病院があり左折、隣が日大病院。突きあたりを左折してすぐ右側がニコライ堂入口】

■聖橋

 神田川に架かる聖橋は、1923年(大12年)の関東大震災後に帝都復興事業の一環として、1927年(昭和2年)に完成されたアーチ型の橋で、湯島台側の湯島聖堂と駿河台側のニコライ堂を結んでいることから聖橋(ひじりばし)と名付けられました。ただ渡るだけでは橋がアーチ型かどうかわかりません。湯島聖堂正門付近からその外観を見ることができます。橋の下を、中央線・総武線の電車とさらにその下の地下鉄丸ノ内線の電車が瞬時交錯するという、見ていて飽きのこない場所です。フォークグループかぐや姫の「神田川」で一躍有名となった神田川ですが、その昔江戸城の防備を目的の一つとして開削されたものだそうです。

2011_0216yushimatenjin0022

写真:聖橋1927年(昭和2年9月8日 復興局施工、橋長92m 幅22m 鋼及びコンクリ-ト橋、この橋を渡ると右手が湯島聖堂。

2011_0216yushimatenjin0041

【道案内:ニコライ堂前の本郷通りを御茶ノ水駅聖橋出口方面へ】

■湯島聖堂

 元禄時代、5代将軍徳川綱吉によって建てられた本来は孔子廟です。1630年に林羅山が上野忍ヶ岡に建てた塾が始まりといわれ、1690年に徳川綱吉によってこの地に移り、大成殿とその周りの建物をあわせ聖堂と総称したものです。入徳門以外は関東大震災で消失、その後復興されたものです。。境内には、世界で一番高い孔子像があります。

2011_0216yushimatenjin0029

写真:回廊となっている大成殿(孔子廟)の静かな佇まい

2011_0216yushimatenjin0037

写真:入徳門に掲げられた力強い「入徳門」の文字

2011_0216yushimatenjin0038

写真:世界で最も高いとされる孔子像

【道案内:聖橋を渡って、すぐ右側が湯島聖堂。橋を渡りながら右手前方に聖堂の建物を確認】

■神田明神

 創建は古く、730年(天平2)年といわれています。神田明神(かんだみょうじん)の正式名は神田神社です。江戸の総鎮守とされ、江戸三大祭りの一つとされる神田祭が2年おき(西暦奇数年)に行われています。都民からは、家庭円満・縁結び・商売繁盛・事業繁栄の守護神として親しまれています。特に縁結びは、男女間だけでなく全てのものが互いに結びあい幸福になれますようにという願かけで有名です。境内には、日本一といわれる石造りの大黒様も鎮座しています。このため、一年を通してお参りする人が絶えません。

2011_0216yushimatenjin0046

2011_0216yushimatenjin0060

写真:上 以前には見られなかった東京スカイツリーが遥か彼方に。

写真:下 吹き替え間もないためか、赤や緑、黄金色で輝いていました。

2011_0216yushimatenjin0059

【道案内:湯島聖堂の裏手、17号線沿いに神田明神の鳥居。鳥居から約50m位で本殿】

■秋葉原電気街

 秋葉原連続殺傷事件で歩行者天国がしばらく中止されていました。防犯体制を整備した上で、つい最近一部だけ復活しました。アキバ(地元の人はアキバといいます。)はいつ来ても混雑している感じを受けます。近頃、中国人観光客が訪れる定番コースとしてあまりに有名になりました。買い物をしなくとも、雑踏の中にいるだけで流行の先端に触れている様な錯覚を覚えます。ウインドウショッピングだけでも立ち寄る価値があります。

2011_0216yushimatenjin0082

【道案内:神田明神をでて左折、神田明神下交差点を直進すると中央通り(437号線)。通りの両側に電機屋さんが並ぶ秋葉原電気街。上野三丁目交差点まで直進左折、452号線を湯島方面に右折】

■湯島天神

 祭神は菅原道真で、縁起によると、南北朝時代の1355年(文和4年)に、湯島の郷民が悪夢をみて、古松の下に祀ったのが始まりで、1478年(文明10年)に大田道灌が京の北野天満宮を勧請し、荒廃した社殿を再興したと伝えられています。

2011_0216yushimatenjin0077
 

古くから東京(江戸)における代表的な天満宮であり、学問の神様として知られ、シーズン真っただ中の2月は、受験生の姿を多く見かけます。祈願の絵馬に思いを記して願かけする人が多く、奉納場所は溢れんばかりの絵馬が飾られていました。

2011_0216yushimatenjin0073

写真:願いは誰しも同じ、結ぶのに困るほどでした。

湯島天神は、江戸時代初期から梅の名所で、行楽を兼ねた参拝客で賑わいます。訪れた日もその例外ではなく、平日にもかかわらずたくさんの観梅ファンでいっぱいでした。見ごろまでもう少しといった感じでしたが、白梅に交じって紅梅が鮮やかな色を発していました。昭和ひとケタ生まれなら誰しも知る、この地の梅を歌った「湯島の白梅」(1942年)は戦中時の歌として大ヒットし、一躍有名になりました。

2011_0216yushimatenjin0069

【道案内:湯島方面に向かい、湯島中坂下交差点を湯島中坂上交差点へ。右折し100mほど直進すれば、正面に湯島天神の鳥居。大江戸線湯島駅まで、約5分】

 約3.5km、所要時間は物見遊山の時間を入れ2時間、万歩計8,235、消費カロリーは210kcのゆうゆう散歩でした。【了】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

雪で交通機関が混乱!横浜の積雪は4cm

 14日、本州の南岸を低気圧が発達しながら通過した影響で、太平洋側の広い範囲で大雪となりました。横浜市内でも積雪を観測、在来線や新幹線の遅れなど交通機関に遅れが出ました。

2010_1124snow0005

(写真:一面雪化粧となった横浜市内、2月15日朝、横浜市港北区又口橋付近にて)

横浜市内の積雪は午後11時現在で約4cmとなりました。新横浜駅付近では、場所によって数cmを超える雪で、一面銀世界となりました。都会に住む人にとっては、数センチの積雪でも右往左往してしまいます。特に雪道に不慣れなドライバーにとって、スリップ事故には十分注意したいものです。また、お年寄りの転倒事故が多くなります。不要不急な外出は止めましょう。

15日、気象台によると雪のピークは過ぎ、積雪による道路の凍結には注意が必要と呼びかけています。新横浜駅前公園では、雪だるまを作ったり、雪合戦をしてはしゃぐ子どもたちの姿が見られました。昼には晴れ間が広がり、最高気温も平年並みの10℃前後と予想されています。【了】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

カメラと写真映像の発信イベントCP+が賑わう!-横浜-

 9日~12日、パシフィコ横浜(横浜市中区)で開催された、カメラと写真映像の発信イベント「CP+(シー・パー・プラス)主催:カメラ映像機器工業会」にたくさんのカメラ愛好家や映像ファンがつめかけました。

2011_0210cp0006

CP+(シーピープラス)は、国内外の企業がカメラやレンズをはじめ、フォトプリンター、フォトアクセサリー、望遠鏡、その他写真関連機材など、写真映像関連商品や最新技術を紹介する場で、「撮る・見る・つながる」をキーワードに、イベントを通してより楽しく豊かなフォトライフを提案する、カメラと写真映像の情報発信イベントです。

昨年3月に開催された第1回に続き、第2回の今年も4日間にわたって開催されました。会場のパシフィコ横浜には、多くのファンが押しかけ、思い思いに関心のあるブースをのぞいていました。また、このイベントでは最新の製品情報を手にすることができる他、画像編集ソフト「Photoshop」の生みの親として知られるトーマス・ノール氏など、著名人の講演が無料(但しWEB事前登録者)で聴けるあって、カメラファンから絶大な人気を得ていました。

10日に催された、PMAI エグゼクティブ・マーケティング・リサーチ・ストラテジック・ アドバイザー松本行彦氏の「アメリカ写真産業の概要と写真愛好家のプロフィール」と題する特別講演を聴きました。そこで、興味あるポイントをいくつかピックアップしてみました。

1)デジタルカメラの普及率は約80%、ホームプリント・フィルムプリント・フィルム・フィルムカメラは大幅に下降。

2)デジタルカメラの値段は大きく下がり、付加価値の高いものを中心に伸長している。付加価値の主なものは、解像度とアクセサリ機能。

3)女性と若者の購買層が増えている。購入者が選ぶ基準は、解像度・高ズーム・シャッタースピード・手ぶれ防止のカメラなど。またカメラ付携帯が伸びている。

4)フォトブック市場がのびているが、全体の完成度は未だ低い。その理由は、途中まで手掛けそのままになっているケースが多い。その訳は、時間がかかる・費用が高い・作りかけたものの気に入った写真がないなど。

5)フォト出版はゼネレーションY世代(18歳~32歳)を中心に、今後も伸びが期待できる。特にY世代は、ソーシャルネット・携帯・スマートフォンを駆使し、アクティブである。

6)今後のカメラ市場は、「価格と価値」のバランスによって決まる。デジタルカメラからカメラ付携帯にますますシフトしていくだろう。一人一台の時代になる。

 上記はほんの一例ですが、アメリカと日本はほとんど変わらない印象を受けました。現に、展示会で各メーカーの動向を見ると「解像度、高ズーム、シャッタースピード」を大きく宣伝していました。カメラとムービーが一体化した高機能製品が主流となるのもそう遠くないようです。【了】

■関連情報
PJニュースは一般市民からパブリック・ジャーナリスト(PJ:市民記者)を募り、市民主体型のジャーナリズムを目指すパブリック・メディアです。身近な話題から政治論議までニュースやオピニオンを幅広く提供しています。

PJ募集中!みなさんもPJに登録して身の丈にあったニュースや多くの人に伝えたいオピニオンをパブリックに伝えてみませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

【My Photo】Mismatch

2011_0208tokyobaymakuhari0106

(撮影:宮本 聰 2011年2月6日 幕張海浜公園にて FinePix HS-10 f/5 1/420sec. ISO-100)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薬の副作用情報を直接厚労省に報告しよう!試験運用開始

 インターネットを通じ、薬の副作用情報を直接集める、「医薬品副作用報告システム」の試験運用が厚労省の研究班によって開始されました。

 欧米等一部の国では使用者本人からの副作用報告の制度がありますが、日本では医薬品の使用者本人による副作用報告制度はありません。現状では、メーカーや医療機関等から寄せられる副作用情報に頼っています。一方で、医薬品が正しく安全に使用されるためには、医薬品の使用者からの情報を有効に活用できる方策を検討する必要があります。このため、厚労省内に研究班が設置され、その運用が始まりました。

Campain_ad

(ポスター:PMDA HPより)

何かと問題になる医薬品の副作用情報ですが、通常その情報は、医療機関から 独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)に寄せられ副作用情報が発信されます。またメーカーも独自に市販後調査を行い、副作用情報を収集しています。市販後、重篤な副作用が発現した場合には、添付文書が書き換えられたりします。

前述のように、患者の視点から「薬の副作用情報」を収集、反映するシステムはありませんでした。この試みは、患者が薬の副作用情報にどこまで踏み込めるかの試金石でもあります。

【インターネット調査の内容】

インターネットから実際の入力画面で検索したところ、設問は全部で7問、項目選択または文章入力方式となっていました。

1)副作用症状があらわれたのは誰ですか?

あなた自身かあなたが保護または介護している方か、男女、年齢

2)副作用症状について記入してください。

副作用の症状、どのような状態、いつ頃

3)副作用症状があらわれた時に使用していた医薬品について記入してください

医薬品の販売名、かかっていた病気・もっていた症状全てを記入

4)副作用の症状はどうなりましたか?

回復・ほぼ回復・回復していない・回復したが後遺症が残った・死亡した・わからない

5)過去に医薬品を使用して、今と同じか、似ている副作用があらわれたことがありますか?

あった・なかった、あった場合はその医薬品名

6)あなたについて教えてください。

性別、年齢、氏名、住所、電話、メールアドレス

7)副作用の症状について、検査データなど詳細な情報を聞くことができる医療機関はありますか?連絡する場合には、正確な情報を得るために、副作用症状があらわれた方の氏名を医療機関にお知らせする必要があります。医療機関に連絡して良い場合、連絡先を記入してください。

はい・いいえ、医療機関名

調査項目・内容に関しては要検討の部分もありますが、関心のある方の利用をお勧めします。【了】

■参考情報

研究班HPhttp://rx.di-research.jp/

■関連情報

http://www.pjnews.net/news/535/20110212_1
PJニュースは一般市民からパブリック・ジャーナリスト(PJ:市民記者)を募り、市民主体型のジャーナリズムを目指すパブリック・メディアです。身近な話題から政治論議までニュースやオピニオンを幅広く提供しています。

PJ募集中!みなさんもPJに登録して身の丈にあったニュースや多くの人に伝えたいオピニオンをパブリックに伝えてみませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

この先、ひな人形展示中!-JR両国駅-

 7日、JR両国駅で見かけた不思議な雛飾りを見つけました。それは、利用されていないホームに架かる階段を利用した「豪華絢爛」な雛飾りでした。

駅西口改札を入ると、「ひな人形をお楽しみください。両国駅社員が飾りつけました!!お楽しみください」という表示があり、赤じゅうたんが続いています。長い赤じゅうたんの先には、16段の優雅な雛人形が整然と飾られていました。

2011_0208tokyoskyturee0046

両国駅は、現在1・2番線しか使用されておらず、3番線が時たま利用されるだけで、昔からあった4・5番線は保線基地となっています。このため、空き番線を利用したイベントとなったようです。駅員さんの思いが伝わる雛飾りです。うらびれた駅を何とか再生しようとする駅員さんの気持ちが伝わってきました。

2011_0208tokyoskyturee0048

両国駅の改札口は東西2ケ所あり、歴史を感じさせる駅舎が残るのは西側(浅草橋寄り)です。外にでてすぐの場所右の角に「力相撲」の石像が置かれ、改札手前には横綱の全身を描いた大きな絵が飾られています。また、駅を出て直ぐ右手に両国国技館と江戸東京博物館があります。【了】

■関連情報

http://www.pjnews.net/news/535/20110209_4
PJニュースは一般市民からパブリック・ジャーナリスト(PJ:市民記者)を募り、市民主体型のジャーナリズムを目指すパブリック・メディアです。身近な話題から政治論議までニュースやオピニオンを幅広く提供しています。

PJ募集中!みなさんもPJに登録して身の丈にあったニュースや多くの人に伝えたいオピニオンをパブリックに伝えてみませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

【フォト川柳】八百長相撲

2011_0208tokyoskyturee0108

大相撲 お先真っ暗 陽も沈む

俳句(よみ):おおずもう おさきまっくら ひもしずむ

両国国技館にある櫓太鼓。八百長相撲に揺れる角界にあって、今後の展開が気になるところです。訪れた日は快晴でしたが、ちょうど冬の日差しが櫓に遮られ、影の櫓になっていました。今の角界を象徴している風景でした。(撮影:宮本聰 2011年2月7日 両国国技館前にて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

【My Photo】東京スカイツリー

2011_0208tokyoskyturee0122

(撮影:宮本 聰 2011年2月7日 浅草隅田公園にて FinePix HS10 f5.6 1/600sec. ISO-100)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

菅直人首相より強い?伸子夫人が語る今の民主党-横浜-

 5日、民主党菅首相の伸子夫人を招いた公開ディスカッションが横浜ラポール(横浜市港北区)で開催されました。

 開催パンフレットには、「菅直人内閣の成立から早くも半年。内外に問題山積のこの日本。今、国政の場では何が起こっているのか?日本のかかえる真の問題とは何か?それに対して菅内閣の繰り出す政策の狙いとは何なのか?見えない政治を見えるようにする、中谷一馬プレゼンツ【今の政治をこう変えたい!!】の新春企画。今回は『あなたが総理になって、いったい日本の何が変わるの』の著者でもある、首相夫人・菅 伸子さんをお招きして公開ディスカッションを行います。」とあり、早速シンポジュウムに出かけてみました。尚、中谷一馬氏は衆議院議員すとう信彦氏(民主党)の公設第一秘書です。

菅直人首相を叱咤激励する強い夫人との前評判通り、歯に衣を着せぬ話を期待して参加しましたが、明るくにぎやかな方でした。参加者からのアンケートを題材に、パネリストのすとう信彦氏と中谷一馬氏を相手に政局を語りました。

2011_0205kannobuko0007

●子供の教育問題が大事

 ご自身の子育て経験から子供の教育問題を捉え、子供手当や学費無料化など、バラマキだとか批判もあるが公約を着実に実行している民主党を再認識して欲しい。民主党政権のアピールに務めました。

●「疎い」発言には夫人が苦言

 スタンダード&プアーズが長期国債の格付けを下げた際、菅首相が「そういうことに疎い」発言に伸子夫人が「それはおかしい」と注意したそうです。詳細な情報を得ていない状況なら「それは知らない」と応えるべきだった。

●マスコミには心底怒りを感じる

 些細なことでも「上げたり下げたりすれば」マスコミはいいかもしれない(いずれでも読者受けする)が、こんな姿はおかしい。取材に訪れたマスコミにくってかかっていました。面目躍如といったところです。もし首相がこの発言をしたら問題になるかもしれません。

 和服姿の伸子夫人は茶道・薮内流師範代、猫好き、本好き、映画好きだそうです。日本一明るく屈託のないファーストレディとの前評判は間違いありませんでした。この4月の統一選挙が民主党にとって、吉とでるか凶とでるか、選挙民一人ひとりの清き一票にかかっています。自身の意思を是非、選挙で表したいものです。【了】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

拉致問題を忘れるな!国民大集会in神奈川を開催-横浜-

 5日、「拉致問題を考える国民大集会in神奈川(政府の拉致問題対策本部と県、3政令市共催)」が横浜市開港記念会館で開催され、約400人が参加しました。

2011_0205rachimondai0033_2

政局の流れに翻弄されている感のある拉致問題をしっかり考えようと企画されたものです。2009年(平成21年)10月、日本政府は、従来の拉致問題対策本部(2006年9月設置)を廃止し、新たな「拉致問題対策本部」を設置しました。「日本政府は、すべての拉致被害者の一日も早い帰国を実現すべく、政府の総力を挙げて最大限の努力を尽くします。」と言いつつも、組織や担当者がころころと変わり、その実行効果をあげるに至っていません。一筋縄ではいかない北朝鮮を相手に、「解決」がたな晒しとなっている現状に危惧を覚えます。

2011_0205rachimondai0004

早期解決を切望する市民400人が集い、現状や今後の在り方を考えました。最初に、もう一度拉致問題を再確認するため、アニメ「めぐみ」が上映されました。このアニメは、昭和52年、当時中学1年生で北朝鮮により拉致された横田めぐみさんの家族の苦悩や、懸命な救出活動の模様を描いたものです。政府インターネットテレビでご覧になった方がいるかも知れませんが、この理不尽な出来事を許してはなりません。

Anime02_img

(上映ポスター:政府 拉致問題対策本部 HPより)

来賓の中野寛成拉致問題担当相は度重なる担当大臣の交代を陳謝後、「北朝鮮への対抗措置は国際社会の協力を得られれば一層効果を上げられる。解決に向け努力する」と述べたものの迫力は感じられず、手詰まり状態であることを印象付けました。

2011_0205rachimondai0032

講師として招かれた横田滋さん・早紀江さんご夫妻による講演で、現在の心境を切々と訴えられました。

●私達には時間がない

 早紀江さんは「もう体力も時間もないし、二度と会えないのかと思うと悲しくなります」と拉致被害の苦しみを切々と訴え、「本当に大変な問題が起きていたことを分かってほしい」と聴衆に理解を求めました。

●政府は本当に解決しようとする意思があるのか

 政府の対応は場当たり的で、問題解決を先送りしているように感じる。政府にはもっと「本気力」を示してもらいたい。

●国民の支持が私たちの支え

 滋さんは「拉致は人権侵害の最たるもの」と冒頭で述べた後、政府の対応や交渉の経過などを説明。「制裁だけでは解決は難しいが、麻生政権後は一度も日朝交渉が行われていない。世論がなければ政府も動けない」と支援を呼びかけました。

2011_0205rachimondai0046

個人の力ではどうしようもならないジレンマを抱えたご夫妻の苦悩は続いています。国民のひとり一人が、この問題解決に取り組む政府の行動をしっかりと監視する必要があります。【了】

【お知らせ】PJニュースのライブドアへの配信が、1月31日付をもって契約終了となりました。このため、今まで掲載されたライブドアへの配信記事は、見ることができなくなりましたのでご了承下さい。

http://www.pjnews.net/news/535/20110206_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

身体健全・心願成就を祈願して節分追儀式-鶴見総持寺-

 3日、大本山總持寺(横浜市鶴見区)で恒例の「節分の豆まき」が執り行われました。最寄り駅のJR鶴見駅から参道に向かう人波が延々と続きました。

2011_0203souzizisetsubun0011

(写真:鶴見総持寺にある大祖堂、豆まきというと、多くの寺院では境内の一角で行いますが、こちらでは大講堂=大祖堂で 行います。)

約1時間前に筆者は会場に着きましたが、堂内はすでに1,000人以上の参拝客でいっぱいでした。開会の30分前には会場整理の都合もあって、入場が締め切られました。

禅師・大導師による『追儺式大祈祷』の後、禅師、役寮、修行僧、福男・福女たち、そして著名人らによる豆まきが行われました。総持寺の節分は毎年著名人が豆をまくことでつとに有名です。今年は、横綱・白鵬関や舘ひろしさん、伊藤かずえさん、神田うのさん、サッカー日本代表前監督・岡田武史さんらが参加しました。

2011_0203souzizisetsubun0025

(写真;会場を埋め尽くした参拝客、その数およそ2,500人。前方で豆を撒いても後方までは届かず、控えの僧侶が満遍なく行き渡るように一生懸命撒いていました。)

始まってみると、会場となった千畳敷の大祖堂には、早くから詰めかけたおよそ2,500人の信者や参拝客で身動きもとれないほどでした。正午から始まった豆まきでは、贔屓のお相撲さんや芸能人から「福豆」をもらおうと必死でした。ひと際背の高い白鵬関はダントツの人気で、コーナーを移動するたびに黄色い歓声が沸き起こっていました。

2011_0203souzizisetsubun0029

(写真 :人気が高い横綱白鵬関、八百長相撲発覚で揺れる角界にあって、横綱には熱い期待と同情が寄せられました。今日は、いつもより笑みが少なかった気がします。)

 あまりに広い会場なので、遠くからみつめるといった感じで、一人ひとりの顔をはっきり見分けるのが困難な程でした。カメラの閃光が白鵬関を照らしだすと応援の掛け声が堂内に響きわたっていました。撒かれた福豆をしっかり抱え会場を後にする人々は、至福感で包まれていたようです。明日4日は立春、いよいよ本格的な春の訪れです。【了】

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年2月 1日 (火)

横浜駅西口が大きく変わります!駅ビル計画がスタート

 横浜駅西口の風景が大きく変わりそうです。「エキサイトよこはま22」(横浜駅周辺大改造計画)のリーディングプロジェクトとして、横浜駅西口駅ビル計画(仮称)が進行中です。西口の象徴であった、横浜シアルと横浜エクセルホテル東急が3月末をもって営業終了となります。

20110130_yokohamast0005

(写真:現在の横浜駅西口、正面の駅ビル=横浜シアルと、左手奥の横浜エクセル東急が取り壊され、8年後には高層タワーに変身する予定です。この景色も見おさめです。 2011年1月30日撮影)

 駅を利用する市民に長らく駅ビルとして親しまれた「横浜シァル」と、老舗ホテル「横浜エクセルホテル東急」が3月末をもって約50年にわたる営業を終え、その跡地が再開発されることになりました。両施設とも耐震化補強に大がかりな工事や資金が必要であることから、改修を断念した模様です。JR東日本や東急電鉄がその計画を明らかにしました。 中心となるのは、地上33階建ての「駅前棟」で、8年後の2019年、横浜駅西口では最も高いタワー(195m)が出現します。近隣も再開発され、駐車場や遊歩道などが設けられる計画です。

 1962年3月に開業した横浜東急ホテル(現横浜エクセル東急)は、その当時最高級の格式あるホテルとして横浜のシンボルでした。駅に隣接という好立地から、ロビーで待ち合わせという姿が良く見受けられました。また、横浜シアルも駅上にあり、現在の駅中ショッピングの走りといった感があります。私達にたくさんの思い出を残してくれた施設が消えようとしています。【了】

【PJニュース ライブドアへの配信終了について】

PJニュースは2011年1月31日をもって、ポータルサイト運営会社ライブドア側の契約打ち切りにより、ライブドア・ニュースへの配信を終了しました。

なお、PJニュース独自サイト(http://www.pjnews.net)は今まで通り継続いたします。ネット市民メディアは現在、PJニュースを含めてごくわずかという状況です。商業的な価値が低くとも、一般市民の声を広く伝えるメディアとしての価値は充分にあります。むしろ、ポピュリズムに陥ることなく、今後は事業形態の転換などを含め、持続可能な経営改善を施していく所存です。

2011年2月1日
PJニュース編集長 小田光康

【了】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »