« 横浜中華街で「東北地方太平洋沖地震被災者支援パレード」  | トップページ | acジャパン「子宮頚がん啓発キャンペーンCM放送」には配慮を! »

2011年3月21日 (月)

まもなく春!横浜のオカメザクラが満開

 3月中旬を過ぎたというのに厳しい寒さが続いています。そんな中で、関内大通り公園(横浜市中区)のオカメザクラが満開を迎え、道行く人々の目を楽しませています。

2011_0320chinatown0006

「オカメザクラ」はイギリスの桜研究家イングラム(Ingram)がカンヒザクラ(寒緋桜)とマメザクラ(豆桜)を交配して作出したものといわれ、小低木で淡い紅色の一重咲き、小さな花が下を向いているのが特徴です。訪れた日はぽかぽか陽気でしたが、風で花弁が流され、葉桜となるのも時間の問題となりそうでした。3月下旬には歌丸桜と名付けられたシダレザクラが咲き始め、ソメイヨシノも開花を迎えます。

2011_0320chinatown0001

公園は関内駅前から地下鉄阪東橋駅までのおよそ1.2キロ、「石の広場」「水の広場」「サンク・ ガーデン」「みどりの森」などがあり、市民の憩いの場所として知られています。これからの季節、散策にお勧めです。【了】

|

« 横浜中華街で「東北地方太平洋沖地震被災者支援パレード」  | トップページ | acジャパン「子宮頚がん啓発キャンペーンCM放送」には配慮を! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まもなく春!横浜のオカメザクラが満開:

« 横浜中華街で「東北地方太平洋沖地震被災者支援パレード」  | トップページ | acジャパン「子宮頚がん啓発キャンペーンCM放送」には配慮を! »