« 経腸栄養剤「エンシュアリキッド」の在庫抑制を呼びかけ-厚労省- | トップページ | 【My Photo】電波塔 »

2011年4月 4日 (月)

ネット新聞「PJニュース」が任意団体へ!時代の流れに逆らえず

Logo_pj

ネット新聞の最後の砦として運営されてきた「PJニュース」が任意団体となることがわかりました。

4日、PJニュース上で「(おしらせ)PJニュース組織形態の変更、任意団体へ」と題して小田編集長の記事が掲載されました。以下が編集長からのコメントです。

『【PJニュース 2011年4月4日】みなさま、PJニュースが創刊してから約8年が経ちました。当初、(株)ライブドアの一事業として「ライブドアPJニュース」として発足しましたが、2006年のライブドア事件以降、ライブドアの経営陣がPJニュースの内容について責任を持てないとして、外部に会社を設立して継続してきました。それが現在の(株)PJニュースです。今年1月以降はライブドアとの契約も打ち切りになり、運営に関する収入源が無くなりました。

そこで今回、「PJニュース」の組織形態を株式会社から任意団体へと移行して、継続していくことにします。(株)PJニュースは清算します。任意団体なので、記事投稿や編集作業、システム維持などすべてボランティアベースで運営されていくことになります。今後は寄附などを募ることも視野に入れております。さらに独立性の高い組織として運営したいと考えております。

わたしはPJニュースの編集長としての立場を継続すると共に、国際環境NGOグリーンピースのコミュニケーション部長として、環境問題関連の調査報道部門の立ち上げに関わっていきます。今回の福島原発の放射能汚染事故に関して現地入りし、調査取材を続けております。いままでのグリーンピースのイメージを払拭し、マスメディアなどでは踏み込めない分野で、正確で詳細かつ公正性を持ったジャーナリズムを実践していく所存です。こちらのほうも、どうぞご愛顧くださいませ。よろしくご了承のほど、お願い申し上げます。【了】』

 PJの一人として残念でなりません。㈱PJニュースは清算されることになり、ついに「ネット新聞」の最後の灯が消えることになりました。筆者は、Ohmy newsの廃刊以来、PJニュースを情報発信の場として原稿を書いてきました。PJとして情報発信することで、世の中の見方、事象の捉え方、表現の仕方、相違する意見の取り込み方など、本当に勉強になりました。感謝の気持ちでいっぱいです。任意団体となれば、1ブログに変わりなく、その影響力は格段に低下するものと思われます。現在では、ネット新聞と謳わなくとも情報はいくらでも入手できる時代になりました。今後は、ネットのブロガーとして、自身のブログで情報発信を続けて参ります。読者の皆様の変わりない、ご愛顧の程をお願い致します。【了】

|

« 経腸栄養剤「エンシュアリキッド」の在庫抑制を呼びかけ-厚労省- | トップページ | 【My Photo】電波塔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネット新聞「PJニュース」が任意団体へ!時代の流れに逆らえず:

« 経腸栄養剤「エンシュアリキッド」の在庫抑制を呼びかけ-厚労省- | トップページ | 【My Photo】電波塔 »