« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月29日 (月)

民主党新代表に野田佳彦氏を選出-民主党代表選-

 29日、菅直人首相の後継を選ぶ民主党代表選が東京・紀尾井町の「ホテルニューオータニ」で投開票が行われ、海江田万里経済産業相(62):143票、野田佳彦財務相(54):102票、前原誠司前外相(49):74票と、どの候補も過半数(198票)に届かず、代表選出は決戦投票に持ち込まれました。

2011_08290015_2

(写真:NHK実況中継より)

 決戦投票の結果、2時半過ぎに「野田佳彦」氏が民主党代表に選出されました。山積する諸問題、とりわけ社会保障・税一体改革にどのような手腕を発揮するのか期待したいと思います。ただ、株式市場の反応は復興増税推進を掲げる野田氏とあって、景気浮揚には足枷となるのではないかとの思惑から、前場の日経平均9800円台が押し戻されています。【了】

にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月27日 (土)

かながわ散歩みち(25)ハマっ子が闊歩する横浜駅界隈

 横浜といえばみなとみらい地区や山下公園、そして中華街や元町を思い浮かべる人が多いと思います。すっかり忘れられた感じの横浜駅界隈ですが、今日もハマっ子が闊歩しています。一方、再開発の波が押し寄せ、昭和の良き時代とは隔世の感がします。今回は、そんな「時空間」に浸る横浜駅界隈の「かながわ散歩みち」です。

■横浜駅

 駅を中心に東口(海側)、西口(陸側)のおよそ1km四方が駅前繁華街となっています。大阪や名古屋のような大地下街はなく、デパートやアミューズメントストアが点在しています。JR東日本、東京急行、京浜急行、相模鉄道など6社が乗り入れ、毎日40万人以上が利用する巨大な駅で、朝夕の混雑時にはコンコースを歩くのが一苦労です。

2011_01050023

 横浜シアル(駅ビル)は、およそ50年の営業をこの3月に終えました。この駅ビルも再開発事業によって建て替えが決まっており、2019年度をめどに、高さ195メートルの高層ビルに変身する予定です。隣接する横浜東急エクセルホテルと共に一世を風靡した当時の「近代建築」も時代の波に流されることになりました。未だ外観を見ることができますが、しばらくすると工事用のテントで覆われることになります。

■横浜駅西口

 西口ロータリーにある、1000大収容の地下駐車場。ダイヤモンド地下街、高島屋、JOINUSなどが利用できます。作られた当時、これだけの大型駐車場は珍しく、誰もが車での買い物を謳歌しました。老婆心ながら、駐車スペースが狭いため大型車の駐車には苦労することがあります。

2011_01050008

 駅から少し離れた「一の橋」から横浜駅西口方面を見渡すと、雑踏とは無縁の静かな佇まいを見ることができます。正面が高島屋、左の大きなビルが横浜ベイシェラトンホテルで、この落差が今後の再開発の鍵を握っているといえそうです。

2011_01050038

 しゃれた奥様の社交場として君臨する横浜高島屋、巨大ターミナル駅前に出現してから半世紀あまり、高島屋の中でも売上トップを維持する花型店であり駅前のシンボルと言ってもよいでしょう。正面入り口前にある彫刻(あら「こんにちは)」は、横浜髙島屋の25周年記念として1985年9月に建てられたもので、待ち合わせ場所として多くのハマっ子に利用されています。

2011_01050018

 横浜ベイシェラトンホテルの威容が駅前から見てとれます。1998年9月にオープン、28階建ての高級シティホテルです。横浜東急エクセルホテルが営業終了となった今、駅前の貴重なホテルといえそうです。経験では、チェックイン時の混雑がひどく、相当待たされた記憶があります。ただ、その便利さから、多く観光客に支持を得ているようです。1階ホールを利用して結婚式が行われることもあり、華やかな舞台を誰でもが観ることができます。

2011_01050021

■横浜駅東口

 「シュウマイ弁当(750円)」を知らない人はいないでしょう。1954年発売とありますので、かれこれ60年近くなります。崎陽軒本店は、東口を出て直ぐ右手にあります。歴史を感じさせる建物で、横浜中央郵便局に隣接しています。中国料理 嘉宮という店があり、地元ではそれなりの有名店で、予約なしで行くと30分待ちはざらだそうです。

2011_01050047

 横浜ベイクオーターで浜の風に吹かれていただく食事は格別です。山下公園とを結ぶシーバースの発着拠点となっていることから、大勢の観光客で終日賑わいを見せています。夜ともなるとネオンの明りに照らされた光景はハマっ子にも人気があるようです。海上から見る夜景もオツなもので、この時期、夜の湾内遊覧はお勧めです。

2011_01050057

 日産自動車グローバル本社は、横浜市がみなとみらい地区再開発のために積極的に誘致したこともあり、大手企業の中でも横浜市に本社を構える希有な存在です。ロビーに入ると大きなショールームがあり、最新の車種はもちろんいろいろな車を見ることができます。疲れたら海辺のコーヒーショップで一休みも心の休憩になるかもしれません。

2011_01050053

■簾

 そば処「生野屋」(西区楠町)の冷水でしめた「ざるそば」は絶品でした。店内の簾(すだれ)がまた風流で、横浜の隠れ家として未来永劫残って欲しいものです。中華と言うイメージが強い横浜にあって、和食の文化が残っていることに安堵感を覚えました。

2011_01050031

 雑踏を歩くこと約1時間20分、万歩計は5、912、消費カロリーは135kclでした。美味しい「おそば」のお蔭で、消費カロリーは帳消しとなりました。【了】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

薬剤関連のヒヤリハット防止に「つたわるフォント」を採用

 読みやすさを追求した書体として脚光を浴びる「つたわるフォント」を使用した、薬のラベルやパッケージ製品がファイザーから発売されました。

Font_img02

(写真:「つたわるフォント」を採用したメロペネム点滴静注用のラベル ファイザーHPより)

 ラベルやパッケージに記載された文字は小さくて細かいため、時として誤読の危険がありました。薬剤関連のヒヤリハットの原因にもつながっています。このため、ファイザーでは医療安全への取り組みのひとつとして、ジェネリック医薬品(ファイザーではエスタブリッシュ医薬品という)の新製品のパッケージやラベルにユニバーサルデザインフォント仕様の「つたわるフォント」を採用した製品を発売しました。

 類似した文字や数字と判別しやすいことから誤認防止が期待できるほか、低視力状態や低コントラスト状態(明るい部分と暗い部分との明暗の差があまりない状態)でも高速で読めることから可読性の向上も期待できるとしています。

 医療ミスや過誤は些細なと思われることが起因しています。「つたわるフォント」の採用によってヒヤリハットの減少、さらには医療ミスの防止に役立って欲しいものです。つたわるフォントは、慶應義塾大学、博報堂ユニバーサルデザイン、株式会社タイプバンクにより共同で開発された書体です。【了】

■参考資料

ファイザー「つたわるフォント」活用による医療安産の取り組み

https://pfizerpro.jp/lp/establish-g/pfizer-original/font/index.html

にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

大衆薬に区分があるのを知ってる?東京都意識調査結果より

 7月、東京都が実施した「一般用医薬品に関する都民の意識調査」によれば、一般人があまり大衆薬の諸制度に関心を示していないことを裏付けました。

Product01_mainimg

(写真:代表的な第一類医薬品ひとつ、頭痛・生理痛市販薬「ロキソニンS」第一三共ヘルスケアHPより)

 薬局で薬を買い求める時、係員に症状を伝え「どんな薬がいいか」を尋ねて、服薬の仕方や他製品との違いを聞いて買い求めるというのが一般的なパターンでしょう。大衆薬(一般薬)には区分があり、第一類医薬品は薬剤師の説明がなければ購入できないことをご存じでしょうか。また、薬局には薬剤師に交じって登録販売者が薬を扱っていることや医薬品副作用被害救済制度があることを知らない人が結構いるようです。大衆薬を使う私達にとって無関心であってはなりません。賢い消費者となるためにも、薬を買う際には制度を知った上で薬局のスタッフに相談しましょう。

 東京都が行った意識調査の結果は、以下の通りでした。

1)薬剤師に加え、新たに一般用医薬品の一部を販売することができる「登録販売者制度」の認知度は40.0%と、新販売制度の都民への浸透は未だ不十分な状況にある。

2)リスクの程度に応じた情報提供等を行うための「一般用医薬品区分(第1類、第2類、第3類)」の認知度についても35.8%と、未だ低い割合に止まっている。

3)(一般用医薬品の区分を「知っている」と回答した人のみに質問した)「第1類医薬品の説明は薬剤師が行わなければならないこと」の認知度は76.3%であり、一般用医薬品区分について知っている人は概ね新制度の内容を理解していると考えられる。

4)「医薬品副作用被害救済制度」の認知度は16.7%と、既存の制度の認知度も低い。

※出典:一般用医薬品に関する都民の意識調査の結果について

●薬を買う時は必ず区分を確認しよう

 一般医薬品は、第一類~第三類医薬品の3段階に区分されています。中でも第一類医薬品(必ず外箱などに記載)は、副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害が生ずるおそれがある医薬品で、ロキソニンS・エスタック鼻炎24・リアップ5などがあります。第二・第三類に比べ、効き目がシャープですが副作用も強いと考えるべきです。これらの製品は、薬剤師の常駐する店舗販売業や薬局のみ販売でき、薬剤師が商品内容や利用法について文書で購入者に説明する義務があります。

●薬剤師と登録販売者の違いを知ろう

 白衣を着ているからといって薬剤師さんであるとは限りません。きちんとした薬局では、ネームプレートに資格名と名前を入れています。薬剤師さんは用法・容量はもちろん、副作用や薬理効果など、専門的な相談に乗ってくれます。また、登録販売者についても名札を付けることを義務付けていますが守られていないこともあるので要注意です。第二類及び第三類医薬品は管理薬剤師の下に登録販売者でも販売できます。実務経験をもった人ですので、類似品や徳用品などを含め大抵のことには応えてくれます。

●副作用かなと思ったら相談しよう

 薬を飲んだところ、のどの渇きやかゆいといった副作用に悩まされた経験をお持ちの方も結構いると思います。もちろん購入先に相談されるのが一番ですが、国の「医薬品副作用被害救済制度」があります。、医薬品(薬局で購入したものも含む)を適正に使用したにもかかわらず副作用による一定の健康被害が生じた場合に、医療費等の給付を行い、これにより被害者の救済を図ろうという制度です。(独立行政法人医薬品・医療機器機構)副作用かなと思った時には早めに相談されることをお勧めします。【了】

■参考情報

東京都「一般医薬品に関する都民の意識調査の結果について」HP

http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2011/07/60l7p400.htm

にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

医療過誤に巻き込まれないために防衛する医師たち

 ある病院で60歳代の男性が診察を受け胃潰瘍と診断され、治療を開始しました。患者はたいしたことはないだろうと、軽微に考え投薬だけを受ける日々が続きました。初診から時間が経った半年後、食欲不振や下痢が続くので再度胃潰瘍の検査を受けたところ、胃がんと診断されました。不幸なことにほどなくして患者は死亡してしまいました。これに怒った患者家族は、医療側を相手取って医療過誤の訴訟を起こし争いました。しかし、診療と死亡の因果関係が認められないとして敗訴しました。

2011_05240001   

 上記の類の医療過誤訴訟は毎日のように繰り返されています。医療裁判は労多くして実りのない裁判と言われます。医師と患者双方にとって不幸な出来事です。

 このため、医療過誤問題とは切っても切れない医師たちが、その防衛策に本腰を入れ始めました。

1)無診投薬をしない。

2)検査をできるだけ行う。

3)カルテに患者の主訴を詳細に記入する。

4)治療指示に反する患者の行動を克明に記録する。

5)診療経過観察書を備忘録として作成、トラブルに備える。

 現在では、ほとんどの医療施設で無診投薬は行われていませんが、慢性疾患患者については例外的に無診投薬を行っている施設(特にクリニック)を見かけます。今後、これらの施設は減少するでしょう。本来行うべきものではありません。

 検査漬けという言葉は死語になりつつありますが、自己防衛のため経過観察の必要性を説き、「定期的に検査しましょう」とか「別の検査をしたほうがいい」などと言って、医師側からしつこく検査を勧められることが増えるでしょう。

 カルテ、レントゲン、各種検査結果等は診療情報の重要な部分です。これからは、これらに加え、医師自身による「診療経過観察書(ブラックリスト)」の類が、患者には分からないところで作成され、いざという時、証拠として患者側に突き付けられる可能性があります。

 医師と患者、相互の信頼が不幸な医療訴訟を生まない最低限の要素です。にも関わらず、「診療経過観察書」なるものが普及すると、ますます患者と医師の距離を大きくするのではないかと心配です。【了】

にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

ジェネリック大手2社の業績が示す「政府目標」達成の困難さ

 ジェネリック医薬品大手2社の業績に陰りが出てきたことをCBニュースが伝えています。ジェネリック医薬品大手3社(日医工、沢井、東和)のうち、沢井製薬と東和薬品の2社がこの第一四半期(4-6月)、対前年度比で伸長率が大幅に鈍化しました。その事実を物語るように、両社の株価が急激に下落しています。

2011_07170006

 理由はそれぞれあるとしても、このまま推移すると政府目標の【来年度の後発品の数量シェア30%】には到底達しない現状が、企業の業績からはっきりしてきました。沢井製薬の担当者は「政府目標の達成には、次の診療報酬改定しかチャンスはなく、何らかの促進策が実施されると予測している」とし、これが「下期の売上高の伸長に寄与すると見込んでいる」と語っています。

<東証>沢井製薬が大幅続落 4~6月売上高の伸び鈍化
(10日14時、コード4555)大幅に6日続落。後場に入って前日比780円(10.2%)安の6830円まで下げた。9日の大引け後に発表した2011年4~6月期の連結決算は、売上高が前年同期比1%増の158億円だった。これまで通期業績は2ケタ増収が続いてきた銘柄だけに、売上高の伸び率の鈍化を失望した売りが優勢になった。東日本大震災で医薬品の流通在庫が膨らんだことなどが響いた。市場では「来年4月の政府による後発医薬品の新たな普及促進策がみえてこないことも株価の重荷になっている」(国内証券のアナリスト)との声が聞かれた。同業の東和薬品(4553)は続落。後場に290円(7.2%)安の3730円まで下げた。2銘柄とも東証1部の値下がり率ランキングで上位に入っている。〔日経QUICKニュース〕

 筆者の記事(7/11)「ジェネリック医薬品の普及には薬価改定しかない!」で指摘した通り、次回の薬価改定で大幅な引き上げがない限り、厚労省の目標はお題目で終わってしまいそうです。医療費抑制の切り札であるジェネリック医薬品の普及促進には、更なる智恵と工夫が必要なことを示唆しています。ただ安い(薬価)では、ジェネリック医薬品の普及に限界があることを裏付けるニュースでした。おそらく先の薬価改定以上の改定が次回行われるものと考えられます。【了】

■参考情報

CBニュース 後発大手2社、売り上げの伸長率が大幅に鈍化 2011/8/9

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/35229.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

りんごを食べよう!海外でも風評被害に泣く青森産りんご

 福島原発のある福島から青森まではおよそ300kmです。今まで放射能汚染を被ったという情報は寄せられていません。8月13日現在、モニタリングポストの値では、0.016マイクロシーベルト/時で、自然界に存在するレベルです。

Apple06

 りんごといえば青森を連想する人は多いでしょう。蜜の入った甘いりんごは日本人の好物です。その青森産りんごが、海外で風評被害に遭い、例年に比べ輸出額が80%もダウンしていることが伝えられています。りんごに限らず、この種の話は広がる一方です。

 外国人にとって、国内のどこであろうが「日本國」が危ないと感じており、農作物、水産加工品更に自動車まで、放射能に汚染されたものとして怯えています。日本産を韓国産と偽って当局にあげられた、とんでもない韓国の水産加工業者まで現れました。日本人が率先して模範を垂れない限り、この悪夢は消え去りません。りんごはもとより、現地での安全が確認されている作物を積極的に消費しましょう!【了】

■参考情報

asahi.com 海越えた風評被害、深刻 日本産リンゴ、輸出8割減 2011/8/13

http://www.asahi.com/national/update/0813/TKY201108130160.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

蔓延る偽装薬のネット販売!輸入代行の裏側で暗躍する業者

 8月10日(水)、NHKで放映された「追跡 A to Z スペシャル-偽装薬の闇を追え!」は、インターネット社会に暮らす私達にとって、ネットを使った輸入代行による薬の入手が如何に危険かを考えさせられる番組でした。

2011_06120010

 ED治療薬(勃起不全治療薬)のインターネットからの入手は、人知れず悩む人にとって格好の購入方法となっています。ネットでの購入動機は、①誰にも知られずに入手できる(恥ずかしい) ②安い(定価1、500円が半値) ③医療施設に行かずにすむ(本来、医師が処方する薬)などです。輸入代行業者に注文すれば、自宅のPCから容易に購入できるのです。

 ところが、輸入代行業者を経由して入手するED薬は、偽造薬であることが多く、服薬したところ意識不明に陥ったり、果ては死亡する事故が相次いでいます。

 種類もED治療薬に限らず、抗うつ剤、抗がん剤、やせ薬など実に様々です。中国吉林省の偽造薬製造所では、なんと41種類もの偽造薬が作られていました。また、一目で偽装薬と分かる(パッケージの英語のスペルが違う)ものが堂々と陳列されているのには驚きでした。何やら昨今の家庭電化製品と同じ様相すら伺えます。

 偽造品は儲けが大きく(例えば、25円/錠の偽装品を450円/錠で販売)、業者にとっては魅力的な商品です。あのてこの手で偽装薬を作り、流通ルートに乗せようとする悪徳業者がネット上で暗躍しています。増殖する偽装薬の国際ネットワークの脅威がどんどん増しているのです。

 医療機関以外で入手した薬の55.4%が偽造品であったとの報告もあります。金沢大学  国際保健薬学の木村和子教授は、手軽とか安いからといって安易なインターネットによる入手は危険だと警告しています。※国内未承認薬や希少薬などの個人輸入とは、全く別の次元の話です。【了】

■参考情報 追記 朝日新聞記事

個人輸入薬、1割の人に副作用 疑い例含め3人死亡 asahi.com 2011/8/23

インターネットのサイトなどから個人輸入した薬をのんだ人の1割に意識障害や血圧上昇などの副作用が起きていることが、厚生労働省研究班の初の調査でわかった。こうした薬の中には、有効成分の量が多いなどの偽造品も多いが、個人で輸入して使うことは薬事法で規制されない。厚労省は対策強化の検討を始めた。

研究班が薬を個人輸入した経験のある663人のうち、追跡調査に協力した157人に聞くと、13%が副作用を経験していた。薬の種類は、勃起不全(ED)治療薬が約3割で最多。育毛剤、ダイエット関連、睡眠薬が続いた。購入の理由は「安かった」が6割で、「病院に行かなくていい」が3割だった。

ED治療薬を販売している4社による調査でも、ネット上でED治療薬を買った276人の約4割が頭痛やほてりなど副作用のような症状を経験していた。

 厚労省によると、2008年以降、タイのやせ薬をのみ、疑い例を含め3人が死亡した。10年6月に奈良県立医大病院にけいれんや意識低下を起こし運ばれた40代男性は、偽造ED治療薬をのんでいた。

有効性や安全性が確認されていない薬でも、1、2カ月分程度を自分の責任で輸入、使うことは薬事法では規制されない。厚労省の部会では、個人使用の場合でも副作用を報告する仕組み作りや、広告やネットの監視強化などを求める意見が出ており、同省は年内にも規制強化策をまとめる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

熱中症は自己責任で防げ!横浜のイベントで集団発生

 10日、横浜大さん橋ホールで開催されたワニブックスのイベントで、熱中症の集団発生が起こりました。横浜市の最高温度が34℃を超える中、炎天下で数時間もの開場待ちをした結果と伝えられています。

2011_0226yokohamaportside0015

 大さん橋ホールは構造上、屋内にいない限り涼をとることはできません。数千人ともいわれる参加者のほとんどは、炎天下何時間も待ち続け熱中症になってしまったものと思われます。主催者側は「予想を上回る人数が参加したことや、猛暑の中でのイベント運営の見通しが甘かった」(ワニブックス)と述べています。

 ここで見逃してならないのは、参加者ひとり一人が「熱中症対策」をきちんと行っていたかも重要なことです。場所を知る(木陰などはない)人なら、水分の携行はもちろん、日傘や冷温グッズなどを予め用意していたはずです。また、「しんどいな」と感じたら列から離脱する勇気も必要です。炎天下で何時間も待ち続けていればどうなるか予見できたはずで、自身の健康管理は自らが行うべきです。

 今回の場合、主催者の責はあるとしても、参加者自らも熱中症対策をすべきでした。これからまだまだ続く猛暑、炎天下のイベントに参加する場合には、自ら予防策を講じることを肝に命じましょう。また、屋内だからといって安心はできません。猛暑が続く限り、予防に万全を期すべきです。【了】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

ギネス認定の「世界一大きい金魚すくい」に挑戦-藤沢市-

 31日、藤沢駅北口商店街全域で「第13回藤沢夏祭りあんどん物語2011(8月1日~31日)」を前に、ギネス認定の「世界一大きい金魚すくいゲーム」などのイベントが催され、夏祭りを盛り上げました。今年の合言葉は、「東日本大震災支援・けっぱれ東北!!」です。

2011_07310007

 土曜会商店街に特設された大水槽(63m)には、金魚45、000匹、メダカ10、000万匹、ドジョウ2、000匹が放たれました。子供から童心に返った大人まで、ギネス認定「世界一大きい金魚すくい」に挑戦しました。ポイ片手に金魚を次々とたくしあげる子供に、羨望の声があがっていました。

2011_07310003

(撮影:宮本聰 2011年7月31日 ポイ片手に真剣な眼差しで金魚すくいに挑む子供達  北口土曜会商店街にて)

 これとは別に、2分間ですくえた金魚の数を競う「金魚すくい選手権」や、15mもの長い水槽に4000個のヨーヨーが浮かぶ「日本一長いヨーヨーつり」、無料のミニSL試乗会などがあり、会場は地元の子供たちの歓声が終日響き渡っていました。

 29日に東日本大震災被災地への応援メッセージなどをしたためた、「藤沢夏祭り」のあんどん約700個の設置作業が終わった北口商店街には、色とりどりのあんどんが粋な風情を醸し出しています。6日には藤沢の夏の風物詩「藤沢宿・遊行の盆」も開催され、夏祭りも佳境を迎えます。【了】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »