« 【My Photo】紅葉 | トップページ | 60歳過ぎても五十肩とはこれ如何に?! »

2011年12月 4日 (日)

患者は医療チームの一員!東京で医療安全フォーラム開催

12月3日、都民公開講座「患者は医療チームの一員」と題する医療安全フォーラム(主催:東京都福祉保健局・東京都看護協会)が東京都庁第一本庁舎で開催され、医療問題に関心のある都民や関係者、およそ300名が参加しました。

2011_09300010

(撮影:宮本 聰 2011年12月3日 会場となった東京都庁、第一本庁舎5階会議室で開催されました。朝から荒れ模様の肌寒い一日でしたが、会場内では熱心な討議が行われました。)

桂桂子氏(東京都福祉保健局医療政策部医療安全課指導係)は、東京都医療支援センターの概略を紹介の後、賢い患者になるためには「患者と医療者とのコミュニケーション」が大切であることを強調しました。上手な医者のかかり方10ケ条をもとに患者の心掛けを説きました。

上手な医者の」かかり方10ケ条】

伝えたいことはメモして準備

対話の始まりは挨拶から

より良い関係作りはあなたにも責任が

自覚症状と病歴はあなたを伝える大切な情報

これからの見通しを聞きましょう

その後の変化も伝える努力を

大事なことはメモをとって確認

納得できないときは何度でも質問

治療効果をあげるため、お互いに理解が必要

よく相談し、治療方法を決めましょう

 (厚生省研究班作成)

  • 大山正夫氏(患者の権利オンブズマン東京 副幹事長)は、自らの闘病生活の経験をも踏まえ、患者の自己決定権を守るためにも「医療界の良心と患者の声・運動が合体してこそ真の医療安全・改善の途が開かれる」と述べました。患者の権利オンブズマン東京に寄せられた苦情相談内容を示しながら、患者は医療チームの一員であり、医療者に全てをお任せするのではなく、患者も主体的に関わることが求められているとしました。
  • 瀬下律子氏(社団法人東京都看護協会 常務理事)からは「患者さんと一緒に取り組む医療安全」と題する話があり、「安全は名前から」がいかに大切かを述べられました。名前確認はすべての基本という考えから、患者と医療者の協同によるフルネームの確認を実施しており、患者への協力を呼びかけました。

    それぞれの立場から、「医療は医師に施されるものではなく医療スタッフと患者が共に手を携えて病気に立ち向かっていくもの」であるとの指摘がなされました。【了】

    にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ
    にほんブログ村

    |

    « 【My Photo】紅葉 | トップページ | 60歳過ぎても五十肩とはこれ如何に?! »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122936/53207506

    この記事へのトラックバック一覧です: 患者は医療チームの一員!東京で医療安全フォーラム開催:

    « 【My Photo】紅葉 | トップページ | 60歳過ぎても五十肩とはこれ如何に?! »