« ハーフタイム勤務の狙いはどこに? | トップページ | 患者の権利を考える!病院の医療安全体制はどこまで進んだか »

2012年10月 7日 (日)

マンションの防災体制は万全ですか?自然災害に備えよう!

 10月6日、マンション防災セミナー(主催:大京アステージ)がパシフィコ横浜アネックスホールで開催されました。いつおとずれるかも知れない自然災害「大地震」にどう対応したら良いのか、管理組合として備えるべきことを整理するため参加しました。

2011_0109dezomesiki20110029

大地震が発生したらレスキュー隊(警察や消防、自衛隊)がすぐ駆けつけてくれるわけではない。少なくとも3日間は自分自身や家族、コミュニティの人々と共助で生き延びる必要がある。(撮影:宮本 聰 横浜港にて)

 地震記録を見ると直近10年間、日本国内でM7以上の大地震が25回発生しています。また、今後M7級の地震の起こる確率はほぼ100%とさえ言われています。地震は私達の命を奪い住まいを奪う大災害で、いつおとずれるかも知れない最大の恐怖です。最初に「災害に強い管理組合が行っていたこと」と題して、管理組合として、どう備えるべきか?実際に大地震が発生した時、どう行動すべきか?過去に多くの震災復旧を経験してきた管理会社から、具体的な対応事例の紹介がありました。中でも「災害に強い管理組合とは」に強い関心を持ちました。

●災害に強い管理組合とは?

7:2:1の原則 をご存じでしょうか?自助7(自身・家族):共助2(管理組合:自治会):公助1(行政機関)のことです。「大災害が発生したらわが身・家族は自身で守るしかない」ということを自覚し、事前準備をどの程度行うかを含め、全ては自己責任であると知るべきです。管理組合や管理会社、行政機関が何かをしてくれるという他力本願的な考えは捨て去ることです。他人さまが手を差し伸べてくれるのは発生から3日後~1週間後であることを自覚すべきです。これを前提にして、強い管理組合の実例紹介がありました。

①情報

情報手段の確保は重要です。各人が準備する携帯やラジオなどとは別に、管理組合が居住者相互の情報交換(できれば電気を使わない手段)ができるようにしておくことです。壁の張り紙に使うメモ用紙やマジック、テープなどは必需品です。紙の代わりにホワイトボード・ペンは消耗品が少ないので便利だそうです。

②準備

耐震診断、補強は最低限実施すべきです。備品として飲料水・食糧の確保、共用のテレビ、室内アンテナ、発電機(ガスボンベで使えると便利)の備え、役員専用のキーボックスの設置、損害保険への加入など予算に応じて最大限の用意が望まれます。

③コミュニケーション

日頃から各種のイベントを通じて、少なくとも住人同士が顔見知りである状況を作り出しておくことが大切で、知り合いであれば自然発生的に行動を起こしやすくなります。避難所で見も知らない人と夜明しをしなければならない時の心細さは経験者でなければ分からないそうです。

引き続き「防災士による占有部分の防災準備」で、いのちを守る予防とはなにか。災害発生時、あなたは本当に助ける側にいられるのか。防災士から具体的な事例をもとに説明があり、参加者は真剣なまなざしで聞き入りました。傾いたマンションから扉を蹴破るための 大型ハンマーやバールなどは威力を発揮してくれるそうです。

●管理会社に依存してはいけない!

大地震の時、管理会社が何とかしてくれるだろうと考えている人も多いでしょう。ところがどっこい管理会社は何もしてくれません。担当部長から「震災直後は管理会社は何もできません。様々な情報を提供し、震災に備えることをサポートすることが管理会社の務めです。」と明言されました。彼らも被災者のひとりになる可能性が高いのですから、当然と言えば当然かもしれません。マンションの住人それぞれに万一の場合どうするかを管理組合として具体策をまとめ、周知徹底(マニュアル化)しておくことが大切であることを痛感させられました。もっと大事なことは、日頃から住人とのコミュニケーションを深めておくことが何よりも大事なことです。その時、「どちら様でしたっけ?」では体制以前の問題です。

 思い立ったら直ぐに行動を起こしましょう。今日この時に発生するかも知れません。一度に全部と欲張らず、できることから始めましょう!【了】

|

« ハーフタイム勤務の狙いはどこに? | トップページ | 患者の権利を考える!病院の医療安全体制はどこまで進んだか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122936/55802873

この記事へのトラックバック一覧です: マンションの防災体制は万全ですか?自然災害に備えよう!:

« ハーフタイム勤務の狙いはどこに? | トップページ | 患者の権利を考える!病院の医療安全体制はどこまで進んだか »