« 【My Photo】落ち葉の季節 | トップページ | 【My Photo】冬支度 »

2013年11月24日 (日)

細胞シート工学が医療を変える?東京で再生医療シンポジウム

 23日(土)、最先端研究開発支援プログラム(FIRST)市民公開シンポジウム「細胞シートが拓く新しい再生医療」が東京日経ホール(主催:東京女子医科大学・科学技術振興機構)で開催されました。科学技術革新による未来医療の産業化と世界普及を目指すシンポジウムとあって、定員500名を超える参加者が集う中、熱心な討議が繰り広げられました。

 現在の医療は発病すると手術や化学療法、放射線治療等、その治療は対症療法でしかなく、組織や臓器を切除すれば元通りになることはありません。再生医療は失った組織や細胞を蘇らせ元通りにしようとするもので、まるで夢のような話としか一般人には思えません。そんな疑問を払しょくしてくれるのが「細胞シート工学」を使った最先端再生医療なのです。

 シンポジウムでは、今まで治らなかった疾患を治すことができる治療法の確立を目指し、日本発・世界初の独創的技術「細胞シート工学」により今治せる患者を治療しつつ、将来必要とされる技術の開発を実施してきたこれまでの研究成果と、医療革新に向けた取組みが紹介されました。

Technology_base_03(出典:東京女子医科大学 先端生命医科学研究所HPより)

 研究の中心である先端生命医科学研究所長の岡野光夫教授は早稲田大学大学院高分子化学博士課程修了の工学博士で、その後医学の道に転じ、細胞シート工学を日本で確立してきました。工学・医学そして産学が一体となって研究した結果が現在に繋がっています。細胞シートを使った再生医療は、角膜・食道・歯・肺・肝臓・膵臓・軟骨・耳そして心臓へと拡大され、一歩づつ、しかも確実に実績を積み重ねてきました。細胞シートによって患部が再生する様子の映像は参加者にインパクトを与えました。

 未だ臨床応用ではその途についたといったところですが驚異的な成果に注目する医療関係者が増えてきました。現在、手作業レベルで行われている細胞シートの製造が機械化・自動化(工場生産化)されれば、高品質で安価なシートの提供が可能となり、一段と飛躍するものと考えられています。岡野教授の夢は早期の細胞シートの産業化にあるようです。

 再生医療が進むと人工脳や心臓などが造られ、その先にはクローン人間が造られる日がくるのかと思うとゾッとします。再生医療に係る技術革新への飽くなき挑戦は人間に一体どんな果実をもたらすのでしょうか。【了】

にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ
にほんブログ村

|

« 【My Photo】落ち葉の季節 | トップページ | 【My Photo】冬支度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122936/58627008

この記事へのトラックバック一覧です: 細胞シート工学が医療を変える?東京で再生医療シンポジウム:

« 【My Photo】落ち葉の季節 | トップページ | 【My Photo】冬支度 »