« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月29日 (日)

雨にもめげず産経フォトウオーク開催

 28日、産経フォトウオーク(産経新聞社主催)が東京で開催され、時折強い雨の降りしきる中、およそ60人の参加者が思い思いに「その一枚」を求めて日本橋界隈をフォトウオークしました。

2014_06280019

集合場所となった産経新聞本社で注意事項の説明を終えスタートしようとした午前10時、無情にも強い雨となり大手町周辺の撮影を諦め、地下鉄で日本橋駅へ直行することになりました。梅雨時とあって断続的に続く雨にもめげず撮影が続けられました。

2014_06280052
日本橋と遊覧船

2014_06280059
日本橋全景

2014_06280024
高速道路高架下

2014_06280027
道路起点

2014_06280026
日本国道路元標(複製)

2014_06280062

日本橋メモリアル

2014_06280036
日本橋三越全景

2014_06280044_2
雨と花

 午後には各人の「これぞ一枚」の講評が行われました。講師の話に耳を傾け、他人の写真を真剣な眼差しで見入りました。アマチュアの写真は他人がどう言おうと本人が満足できるかどうかです。したり顔が溢れていました。それにしてもシニアのみなさんの元気さには驚きです。梅雨を吹き払う元気をもらったフォトウオークでした。因みにこれらの写真は全てコンパクトカメラで撮影したものです。【了】

| | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

株主総会におけるお土産の集客効果

 ソニーが株主総会を開催した19日、出席者が昨年に比べ半分以下(1万693人→4、662人)に激減したことが報じられました。電機業界独り負け状態のソニーを見限った株主がそっぽを向いたためなのかも知れません。しかし、株主であればこの低迷期を抜けだせるのかどうか、将来計画に無関心でいられるはずはないでしょう。一部の新聞では、その原因を昨年まであったお土産を今年、中止したためではないかと伝えています。

Post_5170_20140620t1thumb300x210102

 上場企業の多くが株主総会時に手土産を用意しています。例えば、クオカード1,000円相当、充電ラジオ(3,500円相当)+鳥弁当、ホテル特性クッキー1,200円相当、自社飲料詰め合わせ1,500円相当と多種多彩です。概ね交通費相当分と言えなくもありませんが、わざわざ時間を潰して出席してくれる株主へのささやかな感謝の気持ちといったところです。同日開催が多い総会会場を掛け持ちする輩を総会乞食というそうです。

2014_06200001_2
(パレスホテルで開催された、今年の丸紅株式会社第90回定時株主総会記念品 クオカード1,000円分。昨年のペットボトル配布はなく、ドリンクコーナーが設けられました。)

 ソニーが今回お土産を控えた理由はどこにあるのかを考えてみました。お土産分の経費節減を図る姿勢を見せたとも言えますが、この苦難の時に会社を支えてくれる株主に感謝の気持ちを伝えるのなら、昨年の倍のお土産があってもよさそうなものです。実は別な理由がありそうです。それは出席者を減らすための便法です。一般的に会社が苦境な時の総会は荒れると言われています。総会に出席した方ならお分かりでしょうが、辛辣な質問で雛段の役員が立ち往生することも珍しくありません。できれば出席者が少ない方が会社にとっては好都合です。現にソニーの場合、およそ半分になり、総会が無事終了したことをみれば一定の効果があったということになりそうです。新聞報道はあながち間違ってはいないようです。「たかが土産、されど土産」、総会が佳境を迎えた今、企業はどんなお土産を用意しているのか興味津々です。ただ、物理的に出席できない株主もいるわけで、株主への還元を考えるなら、僅かなお土産よりも配当を増やす努力をして欲しい気もします。

 蛇足ですが「株主総会対応情報システム」というのをご存じですか?総会をスピーディ且つ滞りなく終えるため会場には件のコンピュータシステムが用意されています。各役員の机上には画像が映し出され、説明用のスライドはもちろん、質問者の意見が瞬時に要約され目視出来るようになっています。バックヤードには弁護士や財務担当などが控えており、回答すべき役員に対してはランプを点滅、模範回答が映し出され即座に回答できるようになっています。フロアからはわかりませんが後日、言質をとられないようさまざまな工夫がなされています。回答する役員がじっと前方を見て答弁しているかをチェックすればわかります。【了】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月16日 (月)

日本三大祭り日枝神社山王祭で町会神輿渡御

 15日、江戸三大祭りで知られる日枝神社(東京都千代田区)山王祭の町会神輿渡御が中央通り(京橋~日本橋間)を全面通行止めにして開催されました。京都の祇園祭、大阪の天神祭と並び称される日本三大祭りのひとつです。

2014_06150014
 その昔、天下祭りと呼ばれた山王祭は江戸に古くから続く伝統行事で、今年は2年に一度の本祭とあってたくさんの見物客で賑わいました。(2014FIFAワールドカップの中継があったため予想よりは少なかった様です。)圧巻は中央通りの京橋~日本橋を通行止めにして道幅いっぱいに繰り広げられる神輿渡御でした。古来伝統の行事は今でも引き継がれています。【了】

※デジブック「山王祭神輿渡御」で、当日の模様をご覧いただけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

患者にとって有用な情報提供を行うべし!お薬手帳問題

 お薬手帳を持たないで薬局窓口に行くと必ず声掛けされる一言、「お薬手帳はお持ちですか?」。すると大抵の患者は「今日、忘れました」と答え、「次回、必ずお持ち下さいね」と担当者から念押しの言葉が返ってきます。お薬手帳の有用性を否定するつもりはありませんが、お薬手帳が患者にとって本当に役立っているのか医療側も見直すべきでしょう。多くの患者が持参しないのは、その必要性を意識していないからです。

Tokyop20100520_40

 8日、産経新聞朝刊に【「お薬手帳断ろう」ツイッターで拡散】とありました。お薬手帳に関しては以前からさまざまな意見が寄せられています。本来の目的は薬の併用による危険(相互作用)を避けると同時に、医療費抑制の手段としてジェネリックへの切り替えを促進しようとするものでした。ところが、現実には調剤薬局の売り上げを増やすために押しつけられている気がしなくもありません。

 お薬手帳が患者にとって役立つことが本来大事なことです。現実に、先日薬局を訪れると、「前回と同じお薬です」と言われただけです。薬剤服用歴管理指導料でいう服薬管理とは何なのか疑問に思ってしまいます。これで20円余計にとられるのかと思うと腹も立ちます。必要とは思えない薬価算定が行われるとすれば医療費抑制にはマイナスです。

 厚労省は「安くなる裏技のように情報が広がるのはよくない。患者がお薬手帳のメリットを感じていないからで、医療側にも問題があるのではないか」と述べているようです。全く同感です。

●患者にとって有用な情報提供を行うべし!

 利用する側からすると単にお薬手帳を強要されているとしか思えない薬局側の対応に問題があります。例えば糖尿病患者への服薬指導では用法用量を伝えるのはもちろん、食事や運動などの状況を問うた上で、「ラーメンはスープを残しましょうね」「運動は少しづつ毎日続けるといいですよ」など、会話を通じて薬剤師として処方薬の特徴や飲み忘れ時の対応、継続的に服用した場合のメリットと副作用、新しい薬の動向や治療における薬の効き方など、その患者に応じて情報提供するなどの工夫が求められます。単に薬の受け渡しをする限りお薬手帳を拒否する患者が増えることになるでしょう。それと、「モア サーティー セカンド(もう30秒)」を心掛けるだけで状況は劇的に変化します。また、手帳に印字されたラベルを張り付けるだけでなく、担当薬剤師の面談メモでもあればグーと親近感が増します。

 多くの患者にとって、薬剤師は「薬を扱う人あって、それ以上でもそれ以下でもない」と考えられています。会話を通じて疑問に答え、親身に相談に乗ってくれる人こそ患者側にとって求められる薬剤師というものではないでしょうか。このお薬手帳の表紙にあるように「薬剤師はあなたの健康づくりのパートナー」を患者は望んでいるのです。忙しい中、そんなことはできないという薬局はいずれ淘汰されるものと思われます。【了】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 5日 (木)

【My Photo】あじさいの季節

2014_06050005
(撮影:宮本 聰 2014年6月5日 鳥山公園にて OLYMPUS VC-140 f/8 1/125sec. ISO-200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 4日 (水)

【My Photo】ビョウヤナギ

2014_06040024

(撮影:宮本 聰 2014年6月4日 新横浜公園にて OLYMPUS VG140 f/2.8 1/80sec. ISO-200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »