« 厚労省の後発薬促進策は波乱含み? | トップページ | 【My Photo】厄除だるま風鈴 »

2015年6月28日 (日)

対岸の火事ではないMERS問題!受診する前に保健所へ相談

 下火になったかに見えるお隣り韓国のMERS(中東呼吸器症候群)問題は、いつ日本に襲いかかるかも知れず決して対岸の火事ではありません。中東地域への渡航歴のある人もしくはその接触者の発症がほとんどで、特に高齢の方や糖尿病、慢性肺疾患、免疫不全などの基礎疾患のある人で重症化する傾向があると言われています。

(出典*国立感染症研究所)MERS-neg

 6月27日付時事通信が「韓国保健福祉省は27日、中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの感染者が1人増え、182人になったと発表した。死亡者は変わらず31人。182人のうち、これまでにほぼ半数の90人が完治して退院。隔離対象者は2,467人で、前日より464人減った。」と伝えています。一時のパニック状態から見れば改善されつつあります。

 すでに国内でも予防・防疫体制をとっているとはいえ、韓国とは毎日何万人もの人々が行き来することからいつ感染者が出てもおかしくない状態です。渡航経験でいえば東京から九州に飛ぶくらいの感じで、あっという間のフライトです。観光客の激減で、つと有名な明洞地域には日本人を見かけなくなったようです。新大久保の韓流ショップは閑古鳥が鳴いているとも報道されています。

 見えない敵である細菌はどれほど注意しても完全に防ぎきれることはなく、常に監視する必要があります。厚労省はHP上で、「どの医療機関においても、事前に連絡なく感染症が疑われる患者が来院する可能性があります。患者に対して渡航歴、接触歴、症状等の申し出を促し、医療従事者もこれらの情報を必ず把握した上で、症状に応じた適切な感染予防策(患者にサージカルマスクを着用させる、他の患者と距離をとる、スタッフの感染予防策等)をとる必要があります。MERSに関しては、これまで、医療機関における患者間や患者から医療従事者に対する二次感染の症例が多数報告されています。ガイダンスを参考に、標準予防策、飛沫感染予防策等の徹底をお願いします。」と注意を呼び掛けてます。

 一般人の心得としては「危険」に近寄らない予防策は無論として、いつ感染してもアタフタしないこと、そしておかしいなと感じたら、医療機関に行く前にまずは保健所に相談することが求められます。なお、横浜市では相談窓口を設けています。(横浜市保健所トップページ)【了】

|

« 厚労省の後発薬促進策は波乱含み? | トップページ | 【My Photo】厄除だるま風鈴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122936/61805307

この記事へのトラックバック一覧です: 対岸の火事ではないMERS問題!受診する前に保健所へ相談:

« 厚労省の後発薬促進策は波乱含み? | トップページ | 【My Photo】厄除だるま風鈴 »