« かながわ散歩みち(33)大黒町海つり公園に遊ぶ | トップページ | マイナンバーカード!弱視・老人には拡大鏡必携 »

2016年7月25日 (月)

かながわ散歩みち(34)横浜駅からひと駅散歩

今回はJR横浜駅を起点に桜木町駅までのひと駅を散策します。横浜駅東口を出て、数年前に整備されたばかりの高島水際線公園(たかしますいさいせんこうえん)をめぐり、高島町からみなとみらいを経て桜木町駅までのひと駅散歩です。ベイクオーターの対岸からスタートします。

2016_07250027
横浜駅の東口(そごう側)を出るとすぐ海であることをご存じでしたか。そごうを通り抜けるとベイクオーターから山下公園方面にシーバスが出ていることでも知られています。相当昔(1996年以前)の話ですが初代スカイビルの屋上には展望回転レストランがあり、物珍し気に食事をした記憶があります。すっかり様変わりしました。

2016_07250008_2
日産本社の直ぐわきから「高島水際線公園」に出られます。帷子川(かたびらがわ)の下流が流れ込む港湾部沿岸(水際線)にあたる場所です。2011年5月25日開園といいますので5年ほど前になります。港湾部の水際線を挟んで対岸にはポートサイド地区を望むことができ、格好のデートコースです。

2016_07250011_2
日産本社ビルに向かう歩道橋(はまみらいウオーク)の下あたりから始まります。なぜか認知度がいまいちなため、穴場的な存在で、ゆっくり散策するにはもってこいの環境です。たまにはベイクオーターを水際から眺めてみませんか。

2016_07250022

東海道本線の貨物支線である高島線が園内を跨いで走っており、分断している東西の園内を接続する「公園連絡橋」から路線を見渡すことができます。

2016_07250041_2

希少な臨時列車が運行される際には多くの「撮り鉄」で賑わう有名撮影地です。ラッキーなことに貨物線を走る電車に遭遇、夢中でシャッターを押しました。あせったためピントが甘くなり失敗でした。とっさのチャンスをものにするのがプロだそうです。

2016_07250044
横浜みなとみらいスポーツパークのグラウンドに出ました。サッカーを中心としたフィールド系職種の拠点となる多目的コートを整備し、スポーツ振興を図る目的で整備されたものです。マリノスタウンに隣接しており、休日にはサッカー愛好家が汗を流しています。

2016_07250054
市内を走る「あかいくつ号」独特のフォルムに包まれたノスタルジックなバスはどこでも人気ものです。ただ欲を言えば多少古めかしい分窮屈なのが難点です。どうやら乗るよりも外から見る方が雰囲気を楽しめます。

2016_07250058
横浜美術館と後方はランドマークタワーです。横浜美術館は1989年の開館以来、国際的な港町・横浜にふさわしい美術館として、近・現代美術に焦点をあて作品収集し、展覧会を開催しています。入館すると分かりますが1階のエンタランスは広い空間になっており、荘厳な雰囲気に驚かされます。

2016_07250080
この時期、水場はどこも子供たちで賑わっています。美術館前の水場(美術の広場公園)でもたくさんの子供たちが水に戯れていました。最近、商業施設や社屋が建設されたせいか以前よりもビル密集度が増してきました。

2016_07250092
廻り道をしておよそ2・5km、1時間40分ほどのひと駅散歩の終点桜木町駅前に到着しました。曇天の上に湿度も高くなかったせいかこの時期の散歩にしては爽やかな汗ですみました。歩数計の数字は約6,900歩でした。【了】

|

« かながわ散歩みち(33)大黒町海つり公園に遊ぶ | トップページ | マイナンバーカード!弱視・老人には拡大鏡必携 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122936/63964613

この記事へのトラックバック一覧です: かながわ散歩みち(34)横浜駅からひと駅散歩:

« かながわ散歩みち(33)大黒町海つり公園に遊ぶ | トップページ | マイナンバーカード!弱視・老人には拡大鏡必携 »