« サマー・ドリーム | トップページ | 憧れの非日常 »

2018年8月17日 (金)

赤い靴をはいた女の子

2018_0816rx100025
山下公園の中ほどにある、海の彼方に向かって座っている少女の姿をご存じの方も多いでしょう。野口雨情作詞・童謡『赤い靴』の2番の歌詞には、「横浜の埠頭(はとば)から 汽船(ふね)に乗って 異人さんに つれられて行っちゃった」という歌詞があり、その歌詞をイメージして昭和54年、造られたものです。海を見つめる姿は物悲しく、寂しそうです。

|

« サマー・ドリーム | トップページ | 憧れの非日常 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122936/67065502

この記事へのトラックバック一覧です: 赤い靴をはいた女の子:

« サマー・ドリーム | トップページ | 憧れの非日常 »