2016年6月15日 (水)

ちょっと待って!その電話本当に緊急ですか?

 横浜市救急相談センターのホームページには、「平成28年1月15日(金)18時から、#7119という短縮電話番号により、小児から成人までの全年齢に対応した救急電話相談を開始しました。」との案内があります。また、「急な病気やけがで、医療機関へ行くか救急車を呼ぶか迷ったら、救急相談センター【#7119】にご相談ください。」ともあります。みなさんもこれは救急を呼ぶべきか迷ったことはありませんか。そんな際には是非、横浜市救急相談センターをご利用下さい。

急な病気やけがで受診の相談をしたいときは、横浜市救急相談センター【#7119】へ

出処:横浜市医療局HPより

 救急車の利用に関しては様々な意見があります。タクシー代わりに使う人もいれば、ほんのちょっとした怪我で救急車を呼ぶ人もいます。このため、本来救急が必要な人に対応できないというジレンマです。

横浜市では08年に全国で初めて導入した「コールトリアージ」と呼ばれるシステムで、「救急必要度の識別」を行っています。判定結果は、救急度の高さでA+からCまでの5段階に なっており、「生命の危険性がなく、搬送に困難が伴う可能性が低い」としてCに判定される人が大半であるとされます。また、押し寄せる電話に119番受信センターでは処理しきれない状態が続いてい ます。

横浜市消防局の15年度の緊急搬送車者約15万5000人で、その55%が65歳以上の高齢者です。一概には言えませんが、高齢者の中には一人住まいや、近場に親戚や知人がいないため、電話一本で駆けつけてくれる救急車を安易に呼ぶ傾向があるようです。

現場にいるわけではないので「その位でしたら自分で病院に行って下さい」とか「その傷なら大丈夫でしょう」とは言えず、担当者は自問自答しているとのことです。実際に駆けつけてみると救急の出番ではないことがたくさんあるというのです。

 そこで、この状態を少しでも改善しようと「横浜市救急相談センター」が開設されました。突発的で命に係わりそうなケースは別にして、まずは#7119に電話してみませんか。係員が丁寧に、必要に応じ推奨医療機関まで教えてくれます。救急車はタダではありません。市民全員がコスト意識を持たないと、いずれ有料になることを肝に銘じましょう。【了】

参考:横浜市 医療局 トップページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月10日 (日)

赤レンガ倉庫で新春恒例の横浜市消防出初式

 10日、晴天に恵まれた赤レンガ倉庫イベント広場で恒例の「横浜市消防出初式2016」が開催されました。お屠蘇気分が抜けぬ3連休とあって、およそ8万人もの市民が安全・安心フェスティバルを楽しみました。会場広場はもちろん、対岸の大さんばしデッキも鈴なりの人出となりました。

Img_2052
放水車に張られた入口の横断幕が遠くから見て取れます。ビルに沿って真っ直ぐ海の方に進むと特設会場です。

Img_1999
赤レンガ倉庫特設広場には普段見ることが出来ない特殊車両や最新型の消防・救急車が勢ぞろいしました。

Img_1995
大さんばしから見た会場全景。一番高いビルがランドマークタワーで、みなとみらい地区です。ビルの左手下に薄ーく富士山が望めます。

Img_1982
約30本のホースから一斉放水されると水しぶきが舞い上がり、大急ぎでカメラを覆い隠す人もいました。

Img_2027
大さんばしデッキにはアマチュアカメラマンが多数押しかけ、数100mにも及びました。スカイブルーの海と照りつける太陽を浴びながら、思い思いに写真を撮っていました。

Img_2009
湾内をめぐる遊覧船も大忙し。潮風に吹かれ船上から見る「みなとよこはま」はきっと思い出に残ったことでしょう。

Img_2047
子供たちは様々なイベントに大機嫌。中でも体験イベントが人気でした。特別に用意された消防服に身を包んで敬礼する子ども。少しはにかんでいるように見えます。

Img_2046
JAFの提供する自動車衝突実験車は人気で、長い列が出来ていました。実際の追突実験ではその衝撃に驚いた様子でした。

Img_2060
はしご車に乗って、上機嫌で手を振る男の子。一見余裕をもっているように見えます。束の間の空中遊泳を楽しんだことでしょう。

Img_2063

実はこんなに高いところでした。

 出初式は、江戸時代に火事に備えた「火消(ひけし)」が自警団的に構成されて、消防隊へと受け継がれ、正月に披露したのが始まりといわれています。江戸時代の火消は、現代の放水による消火ではなくて、延焼を止めるための破壊行動でした。火事で燃えている家や隣家の屋根に駆け上り、その家、あるいは周囲の家を打ち壊すように火消の仲間に指示を出したそうです。軽業師のようにいかに早く、民家の屋根や蔵の屋根に駆け上がれるかが腕の見せ所で、高いところで身軽に動けるさまを見せるのが出初式の芸でした。

 今年はエルニーニョ現象で暖冬となりました。予期せぬ自然災害や不慮の事故などで、鍛えられた消防隊員の出番がないことを願うばかりです。【了】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月31日 (木)

2015 横浜10大ニュース(考)

 横浜市市民局が12月18日、「平成27年 市民が選ぶ10大ニュース」を発表しました。1位から10位まで、皆さんもそれぞれについて思い入れがあると思います。総じて平穏な年で、重大な事故・事件がなかったのは何よりです。

 1位 マンション杭打ちデータ不正

 横浜市都筑区にあるマンション(パークシティLaLa横浜)で杭打ち作業の不正が発見され、各地にも飛び火し大騒ぎとなりました。JR横浜線「鴨居駅」から徒歩数分にある工場街を再開発した場所です。マンションの隣には大型商業施設「ららぽーと横浜」があり10年前に比べすっかり様変わりしました。数百という総戸数を持つ大型マンションだけに対応をめぐっては議論百出、ひとつにまとめる作業は並大抵ではないでしょう。管理組合の苦労が浮かびます。一刻も早く合意点が見出されることを願うばかりです。

 2位 横浜マラソン

 市内観光名所や高速道路を走るコースとあって約2万3,000人が参加したこの大会、お騒がわせな市民マラソン大会になりました。コース距離が186m不足していたため公認記録とはならず、後から知った競技者は大きなため息をつく結果となりました。あってはならない事前チェックの不備が露呈しました。

 3位 地下鉄ブルーラインの快速運転

 7月、市営地下鉄ブルーラインの快速運転が開始され、新横浜と横浜間がノンストップで8分で行けるようになりました。従来とは数分の差ですが通勤客にとっては貴重な時間短縮となります。全線快速運転にはしばらく時間がかかるようです。新横浜駅に相鉄線が乗り入れてくる日もそう遠くありません。新幹線・横浜線・地下鉄そして私鉄との相乗効果の実現を期待したいと思います。

 4位 よこはまプレミアム商品券

 市内経済と商店街の活性化につながるとして横浜のみならず、全国各地で発行されました。ある地方では議員が買い占めたり、不正購入があったりと話題性は相当ありました。が、効果の程はどうだったんでしょうか。買わなかった筆者を含めもうひとつ盛り上がりに欠けた気がします。

 5位 ラグビーW杯2019決勝戦開催

 今年は五郎丸人気でラグビーが注目されました。ラグビーW杯2019決勝戦が日産スタジアムで開催されることになりました。サッカーに続き2つのW杯決勝戦が同じ会場で行われるのは珍しいことのようです。サッカーW杯の時のようにラグビーW杯も盛大に開催されることを願っています。それから余談ですが、2020年のオリンピックで日産スタジアムの有効利用をもっと考えて欲しいと思わずにはいられません。東京駅から新幹線で十数分、横浜アリーナもあります。

 6位 戸塚アンダーパス開通

 JR戸塚駅の「開かずの踏切」がやっと解消となりました。かつては戸塚に限らず、市内に開かずの踏切は沢山ありました。これでほぼ解消でしょうか。戸塚駅を利用する方や周辺工場に勤める人にとっては朗報でした。これを契機に再開発が進むものと思います。ローカルといったイメージが変わるかも知れません。

 7位 横浜DeNA観客動員過去最高

 成績不振の責任をとって中畑監督が辞任しました。観客動員数181万人は正に中畑効果であったのではないかと思います。新監督に「ラミちゃん」が就任しましたが重圧に応えられるか少々不安です。本来は選手の活躍が求められているわけで奮起を期待します。

 8位 横浜新都市ビル開業30周年

 横浜駅東口(海側)にある横浜新都市ビルが開業30周年を迎えました。もう30年かと思う方も多いでしょう。西口では駅ビルを含め再開発工事が進められています。後10年もすればすっかり様変わりです。すると新都市ビルが改装・改築の時期となりまた工事が始まります。横浜駅周辺は年がら年中工事をやっていることで有名です。いつになったら最終工事となるのでしょうか。

 9位 よこはま動物園に新エリア開園

 アフリカのサバンナエリアが全面開園しました。夏場に訪れました。肉食・草食動物の4種を混合で展示ということで期待していきましたが、広々とした園内では混合の場面を見ることはできませんでした。動物も木陰で陽を避けねばならず無理もないことです。時期を改めて再訪しようと思います。

10位 よこはまウオーキングポイント

 参加申し込み者が15万人を突破した人気のイベントです。登録すると、郵送料金だけで歩数計が送られてきました。早速買い物や散歩には必ず携帯し使っています。難点は記録をインプットするため定められたお店に行かなくてはならないことです。少しずつ増えてはいますがもう少し増やしてほしいものです。データは自身のパソコンで歩数記録を見ることができ、目標設定に役立ちます。

 国内全体を見渡すと、①安保法が成立 ②軽減税率で与党合意 ③TPP 12ケ国大筋合意 ④18歳に選挙権 ⑤従軍慰安婦問題決着などがありました。特に外国との対応に絡む問題が際立ちました。

 2016年はどんな年になるのでしょうか。【了】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月28日 (火)

今年も野毛に大道芸がやってきた!見事な演技に大きな拍手

 春の野毛の風物詩「野毛大道芸」が4月25日(土)と26日(日)に開催されました。
初日の25日、春の日差しに包まれた会場には多くの人が詰めかけました。第40回となった今年は34組69人の芸人が参加、その見事なパフォーマンスに詰めかけた大道芸ファンから大きな拍手が送られました。

Photo
雪竹太郎さんによる人間美術館。ロダンの「考える人」では観客の一人が「こうかな?」とばかり同体を演じていました。

2015_04250050
中国雑技芸術団の力強い演技にはひときわ大きな拍手が送られました。高く積みあがった椅子の上でハラハラドキドキのアクロバットは観るものを魅了しました。

2015_04250068_2
山本光洋さんのコメディマイムは子供たちに人気で、独特の掛け合いを披露。卓越した表現力には脱帽させられました。子供たちとのコミュニケーションがとても上手でした。

2015_04250080
うつしおみさんの演ずるエアリアルは若さと躍動を感じさせられるものでした。

Photo_2
珍獣屋のワニの足(揚げ物)です。女性の二人連れがオーダー、この後ガブリと食されました。手羽先ではなく、ワニの足先のお味はどんなものだったのでしょうか。思わず「エー」でした。

 今年の野毛大道芸も無事終了しました。この催しを陰で支えるスタッフに改めて拍手です。【了】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月30日 (月)

三ツ池公園の桜が見ごろ

 3月30日、晴天とホカホカ陽気に誘われ、横浜市鶴見区にある県立三ツ池公園の桜を楽しみました。平日とあって人も疎らで、ゆっくりと散策することができました。

2015_03300029
 この公園は四方囲まれる全山が桜色に染まることで有名です。この数日で急速に開花が進み、7分から8分咲といったところです。

2015_03300025
 1600本ともいわれる桜が白、ピンク、赤と咲き誇ります。そよ風に吹かれながらの散策は気分を爽快にしてくれます。

2015_03300039
 今年の桜は、来週いっぱい楽しめそうです。【了】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 4日 (水)

伊勢山皇大神宮で節分祭

3日、関東のお伊勢様と称される伊勢山皇大神宮(横浜市西区)で恒例の節分祭が行われました。好天とあって市民約400人が訪れ、節分を祝いました。

2015_02030041
祭事がしめやかに行われ、参加者が今年の厄災・邪気払いをしました。

2015_02030102
特設の豆まき会場には老若男女が詰めかけ熱気に包まれました。

2015_02030058
地元とあってか、買い物かご持参のつわ者もおり、懸命に福豆を拾っていました。撒かれた福豆は十分な量で、中には買い物袋いっぱいに持ち帰る人もいました。

古来、豆まきは、「追儺(ついな)」「鬼やらい」とも言い、「厄災・邪気」を鬼に見立て、追い払う事により、清々しい日々を送り、福を呼び込む神事とされています。【了】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月11日 (日)

赤レンガ倉庫で横浜消防出初式2015

 好天に恵まれた11日、恒例の横浜消防出初式が横浜赤レンガ倉庫イベント広場(横浜市中区)で行われ、約7万5千人が訪れました。レンガ広場はもちろん、向かいの大桟橋デッキも鈴なりの人で溢れました。

Img_9176

赤レンガ倉庫からの一斉放水

Img_9180_2
消防艇の放水では虹が

Img_9186
空にはヘリコプター

 自然災害による建物火災や大津波、大規模交通事故などを想定した総合訓練では、陸、海、空からの救助や消防活動を展開、来場者たちは息をのんで迫真の救出劇に見入っていました。【了】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月20日 (土)

大道芸ファンが酔いしれる街、その名は野毛

 20日、横浜市中区野毛で「野毛大道芸2014オータムフェスティバル」が催されました。

Photo

 市民にとって、野毛はとてもノスタルジックな下町といった感じのする場所です。昭和61年、地元商街店主たちの呼びかけで野毛地区の活性化を目指し、町おこしとして始まったのがこの野毛大道芸です。今年も歩行者天国となった街角のあちこちでジャグリングやマジック、パントマイム、アクロバットなどが繰り広げられました。

2014_09200032
(会場のひとつ、野毛柳通商店街)

2014_09200082

(歌舞伎マジック)

2014_09200012
(足長バアルーンパフォーマンス)

2014_09200029

(Barbara's THEATRE)

2014_09200060
(ユニサイクルサーカス)

 国内有数の大道芸とあって内外のパフォーマーがその妙技を披露し、訪れたたくさんの観光客を楽しませました。不祥事の後とあって、人出が不安視されましたがそれも杞憂に終わり、関係者はホッとしたことでしょう。いつまでも野毛大道芸の魅力を残してほしいものです。【了】

※デジブック「野毛大道芸2014」でも、当日の模様をご覧いただけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月28日 (月)

「横浜市立市民病院再整備基本計画(原案)」意見募集中!

 横浜市の基幹病院である、横浜市民病院(横浜市保土ヶ谷区)の移転計画に伴い市民からの意見を募集中です。公告で「市民病院再整備にあたっては、三ツ沢公園と公園に隣接する民有地を活用する方向で調整を進めてきました。このたび、民有地の所有者である古河電気工業株式会社との間で、市民病院再整備事業に対して協力することを確認する覚書を締結することができました。そこで、当該地を想定した「横浜市立市民病院再整備基本計画(原案)」について、市民の皆様からご意見をいただくこととしました。」と発表しています。
 

Saiseibi01
(出処:横浜市民病院HPより)

 1960年に開設した市民病院は医療機能の拡充などで施設が手狭になり、さらなる拡充や医療機器の更新が困難になってきたため再整備を検討した結果、現在地に近い三ツ沢公園南側の野球場とその周辺及び隣接する古河電工の社宅の土地を移転候補地として基本計画の具体化を進めてきました。総事業費は約426億円で、2017年度着工、20年度(平成32年度)に開院するスケジュールを想定しています。詳しくは、以下募集要領をご参照下さい。【了】

意見募集期間平成26年7月18日(金)~8月20日(水)
提出方法
  1. 電子メール: by-iken@city.yokohama.jp
  2. ハガキ(下記の配布場所で配布している概要版のハガキを切り取り、ご使用ください。切手は不要です。)
  3. ファクシミリ: 045-332-5599
  4. 郵送:〒240-8555 横浜市保土ケ谷区岡沢町56番地
    横浜市立市民病院 再整備担当
※1、3、4による場合は、ご意見フォーム(下のリンクからダウンロードしてください)をご利用ください。
※電話による受付はしておりませんので、ご了承ください。
関係資料
概要版配布場所

市役所市民情報センター(市庁舎1階)、各区役所広報相談係、主要駅PRボックス、市民病院、脳血管医療センター、みなと赤十字病院

| | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

世界トライアスロンシリーズ横浜大会(女子)で上田選手2位

 17日、世界トライアスロンシリーズ横浜大会(エリート)が山下公園(横浜市中区)発着で開催されました。日中25℃を超す快晴に恵まれた会場周辺はトライアスロンファンで終日賑わいました。

2014_05170025【スイム特設スタート台からGO!】2014_05170029【海水温が低いためウエットスーツ着用で力泳】2014_05170078_2【巧みなコーナリングワーク】2014_05170088【互いに牽制しながら疾走するバイク 】2014_05170106【大柄な外人に混じって快走する日本人選手】2014_05170109【ランでトップ集団を行く上田選手】2014_05170013 【催事では恒例の歓迎放水】2014_05170043【華やかな雰囲気に包まれた山下公園】

 山下公園を発着点に1.5キロのスイム、40キロのバイク、更に10キロのランがトライアスロンの3種目です。女子のレースでは、ロンドンオリンピック代表の上田選手が健闘し、一時はトップに立つなど最後まで粘り、1時間59分14秒のタイムで2位に入りました。優勝はアメリカのグウェン・ジョーゲンセン選手で、横浜大会2連覇を果たしました。疾走する選手を目のあたりにして、沿道から盛んに拍手が送られていました。【了】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧